水曜随想

水曜随想 「全道停電の教訓生かせ」 衆議院議員 田村貴昭

1219 北海道地震での、道内全域に及ぶ停電「ブラックアウト」に驚いた。
 
 道内の電力需要の半分を担う厚真町の火力発電所が緊急停止、需給バランスが崩れ、他の発電所も自動的に停止した。大電源に頼ってはいけないことが教訓となっている。
 
 九州ではどうだろう。九州電力によれば昨日(17日)の最大電力は1220万キロワット稼働している川内(鹿児島)と玄海(佐賀)の二つの原子力発電所での出力は約400万キロワットで、相当な比重を占めている。しかし、原発に依存しなくても九州では、自然エネルギーが大きく成長している。
 
 すでに太陽光エネルギーの接続済みは約800万キロワットで、福島の原発事故以降8倍に増加している。
 
 再生可能エネルギー全体では、接続済みが1156万キロワット、接続予定・検討が2616万キロワットにも及ぶ。既存の火力発電などと調整し、蓄電を向上させれば、原発に頼る必要は全くないではないか。
 
 原発はいったん停止となれば供給に大きな影響を与える。出力を小刻みに調整できないから原発優先となり、再生可能エネルギーは買い取りを拒否され、出力制限の事態に至る。こんな愚かなことはない。
 
 北海道の停電で、産業活動は中断された。私も被災調査の時、コンビニやスーパーに食料品が供給されない現実を目の当たりにした。搾乳ができずに乳房炎にかかった年は数千頭に及ぶという。
 
 人間の生活に欠くことのできない電気。大規模発電はリスクが大きく、中小規模の発電施設を地域の需要に合わせておくのが自然であり、あるべき姿だと確信した。
 
 政府は教訓を生かせ。二度と「ブラックアウト」を起こさぬために。(しんぶん赤旗 2018年9月19日)

水曜随想 「防災・減災を抜本的に」 衆議院議員 田村貴昭

http://img-cdn.jg.jugem.jp/82d/2942373/20180620_1681164.jpg?_ga=2.124910157.617969084.1533343336-605089301.1533343336 大阪でまさかの地震。母と妹一家の暮らす箕面市は震度6弱の揺れに襲われた。電話は通じなかったが、SNSで安否が確認できた。食器が粉々になった写真が送られてきた。見慣れた食器棚は阪神大震災も経験。2度の被災に耐えたか。
 
 学校プールの塀が崩れて小学4年生の女の子が犠牲となった。塀の倒壊は福岡西方沖でも、熊本でも何度も見てきた。「国土強靭(きょうじん)化」の掛け声の一方、通学路の安全も確保できない政治の現実。新聞の写真に手を合わせ、防災、減災を抜本的に進めなければと誓う。
 
 これだけ科学が発達しても、地震や火山爆発の予知は難しい。国土交通省の調査では、大規模建築物の約1割が、震度6強以上の地震で倒壊・崩壊する可能性が高いという。東京圏をはじめ、大都市の一極集中を本気で是正する気があるのか、政府に迫りたい。
 
 昨日、衆議院本会議で自民、公明、維新がカジノ法を通した。国民の7割が反対しているにもかかわらず。大阪府や大阪市は、震災を目の当たりにしてもカジノ誘致に血道をあげるのか。
 
 朝鮮半島の非核化と平和構築へ、世界が大きく動く中、日本は圧力一辺倒への反省もなく、2千億円もかけてイージス・アショアを導入しようとしている。逆立ちしてはいないか。もっと、暮らしに根差し、地に足をつけた政治を。
 
 通常国会は今日で会期末を迎えるが、与党は会期延長で悪法成立をはかる。許してなるものか。今国会、野党各党は、それぞれの憲法観は違っても、自衛隊を明記する自民党改憲案を審議入りさせなかった。全国統一署名と野党共闘の力だ。逆立ち政治をただす力を、もっともっと増やさなければ。(しんぶん赤旗 2018年6月20日)

水曜随想 質問も“生みの苦しみ” 衆議院議員 田村貴昭

質問する田村衆院議員=2月23日、予算委員会 忙しい時は重なる。集中的に押し寄せてくる。先週は委員会質問が3回、今週も3回。原稿依頼もあれば、地方選挙も目白押しだ。
 
 東京と九州、そして九州各県の移動は時間を要する。ドラえもんの「どこでもドア」があればなぁ、1日が48時間だったらなぁ、などとつまらないことを考えてしまう。
 
 しかし、時間があっても解決するものではない。法案質疑のことを半日ゆっくり考えても、全く進まないこともある。一方、飛行機の中でサッと書き上げた原稿が案外よかったりする。要するに「追い込まれ型」。この性格は子どもの頃から変わらない。
 
 今国会では、熊本地震対策に加えて、諌早干拓と有明海再生、下関北九道路や長崎新幹線の問題など、地元の課題も取り上げてきた。躍進を勝ち取って、質問時間も増えたので、一問一問、大切にしなければ。
 
 間違った政治を質(ただ)すのがわが党の本領。だから「満額回答」などない。それこそ、安倍政権打倒への闘志がわくというものだ。
 
 それでも、国民の要求をぶつけたら、一歩でも二歩でも前にすすめたい。質問を通じて、自治体庁舎の耐震建て替えに、国が支援することとなった。産みの苦しみ、その苦しみから成果が生まれたときはうれしい。
 
 さて、次の質問準備にとりかからねば。その前にひと風呂浴びよう。不思議なことに湯船につかると、ひらめくことがある。同僚議員に聞いた。「焼酎を飲んだら能率が上がる」、「原稿書きは早朝に限る」、「新幹線の移動時間が勝負」等々。質問づくりは、人それぞれである。(しんぶん赤旗 2017年4月12日)

水曜随想 田村貴昭 「自然の警告 聞こえぬか」

IMG_3205-768x514_002 緊急地震速報のけたたましい音で飛び起きた。スマホをみれば震源地は福島。数十秒して地震がきた。東京の議員宿舎、私の部屋は21階にある。ゆらり、ゆらり、建材がギシギシと音を立てる。船か、桟橋にいるような横揺れが長く続き、恐ろしかった。

 

 現地では、警報サイレンが鳴り、「早く逃げてください」のアナウンスが流れる。東北の人は、5年前の出来事が頭をよぎっただろう。これでおさまることを願いつつ、より大きい地震の再来の可能性もある。熊本地震の教訓だ。

 

 数メートル級の津波が押し寄せれば、死傷者も出るかもしれない。南スーダンに自衛隊を派遣している場合か。第一陣派遣の大半が東北の駐屯地所属の隊員だ。郷里の地震をさぞかし心配していることだろう。

 

 福島原発の映像が、テレビで映し出される。もし震度5が7だったら、それ以上だったら、原子炉建屋は、汚染水タンクは・・・想像するだけで恐ろしい。これだけ地震が多発しているにもかかわらず、政府は全国で原発を稼働させ、使い続けようとしている。歴史の教訓を学ばないことに、心底憤りを覚える。

 

 地震、台風、大雪、大雨など、今年は14もの大きな災害が日本列島を襲った。家屋の損壊は18万5766棟に上る。しかし、安倍政権は、被災住宅の再建支援を拡充せず、一部損壊への支援要求にも耳を傾けようとしない。

 

 安倍首相には、自然からの警告が聞こえぬか。防災、減災、災害対策はまだまだだ。警報やサイレンを一番鳴らさなければならないのは、今の政治である。

(しんぶん赤旗 2016年11月23日)

水曜随想 「真の備えとは何か」 

DSC_0215_02 毎日タマネギを1個食べるという知人が、価格高騰に嘆いている。生産量日本一の北海道が台風で、2位の佐賀県が「べと病」で記録的不作になったからだ。「だからTPPが必要だ」という声が聞こえてくる。違うだろう。こんな時だからこそ、備蓄・自給率の向上と価格保障で安心の農業に切り替えるべきではないか。
 
 東日本大震災でも熊本地震でも、復興の要となる自治体の職員が決定的に足りない。「派遣要請はしているのですが‥」。地震と豪雨で甚大な被害を受けた熊本県の首長の悩みを聞いた。合併と「行革」で職員を大幅に削減してきたツケがまわっている。それでも「公務員減らせ」という政治家と政党に言いたい。まず被災現場を見てこいと。
 
 「備えあれば憂いなし」といって、有事法制を強行した首相がいた。この国の「備え」は武力行使につながる軍備増強。それは憂えにつながるものでしかない。先日、街頭演説していたら、自衛隊車両から手振りが数回寄せられた。彼らは安保法制に困惑している。災害救助でかけがえのない役割を果たす隊員の命を戦争で奪うな。
 
 老後の備えはどうか。安倍政権は、年金積立金の株式運用を倍増させ、4~6月期だけでも5・2兆円もの巨額の損失を出した。それだけでも辞任に値する。そして病床数を削減し、要介護1、2は介護給付から外す計画など、社会保障は大改悪の一途だ。
 
 憲法を実践すれば、安心の備えはおのずと形成されるが、自公政権には憲法が眼中にないから、アペコベ政治となる。
 
 先の参院選を頂点に野党共闘は大きく前進。政策的一致も格段に広がった。暴走政治にとって代わる備えはできつつある。
 
 もうすぐ臨時国会がはじまる。真の備えとは何か。国民は何を憂えているか―この夏聞いたたくさんの地方の声を、住民の思いを政府にぶつけたい。(しんぶん赤旗 2016年9月14日)