水曜随想

赤旗水曜随想 「度しがたい追従ぶり」/衆議院議員 田村貴昭

IMG_1986 (2) 航空自衛隊新田原基地(宮崎県新富町)で10月26日から始まる日米共同訓練で、米兵約20人が宮崎市内のホテルで宿泊する。すでに先遣隊50人が19日に新田原基地に入り、ホテルに泊まった。しかも米軍は防衛省を通さず、直接ホテルに予約を入れていた。
 
 なめられた日本政府。県知事、市長が防衛相に基地内での宿泊を再三要請したのにもかかわらず、一顧だにせず「コロナの対策上、基地内の宿泊は困難」だと。どこの国の政府か。沖縄米軍基地内のコロナ感染者数はこれまで411人。宮崎県の366人を上回る。市民、県民はどうなってもいいのか。
 
 昨日(20日)、九州防衛局に新富町の住民とともに抗議して訓練中止を申し入れた。そもそも基地内の宿泊施設は米兵用に造ったものだ。担当課長は「新田原基地には70人しか宿泊できない」と説明。だったらやめればいいではないか。基地とホテルの移動手段は、との問いには「基地からホテルにはレンタカーで移動する」。米兵が市中で自由に行動できるということではないか。県民の63・5%がホテル宿泊に「理解できない」(宮崎日日新聞アンケート)としているのは、こうした懸念があるからだ。
 
 コロナウイルスとのたたかいで、軍事力が何の意味ももたないことは、万国共通、自明の理である。ましてコロナ禍の中で感染拡大の温床を政府がつくるなど言語道断である。
 
 沖縄の負担軽減と言いながら、辺野古新基地建設を強行し、本土の自衛隊基地の米軍化をすすめ、あくなき戦争協力、戦争できる国にしようとする菅政権。度しがたいアメリカ追従への政治に、明確な審判を下さなければならない。政権交代で。(しんぶん赤旗 2020年10月21日)

赤旗水曜随想 知恵と工夫で乗り切ろう/衆院議員 田村貴昭

100932828_2408003912635916_2338329514775412736_n 議員会館の地下4階から12階まで、階段を駆け上がる。よし大丈夫、今日も快調だ。うつされない、うつさないを心がけ、新型コロナと向き合う日々。自粛・休業にともなう相談や問い合わせが、連日寄せられ、秘書とともに対応にあたっている。
 
 仕事を失い生活費に困窮する被災者、牛肉の価格下落に苦しむ農家、行事の中止で無収入となった劇団員…電話やメールの向こうの窮状を政府各省に伝え、救済策を模索。策がなければ、策をつくれと国会質問にぶつける。この活動はこれから先も長く続く。
 
 痛感するのは、安倍政権の対応のひどさだ。例えば、野党が強く要求して家賃支援が入ったものの、なぜ5月以降の収入を基準とするのか。収入が絶たれ、退学を余儀なくされている大学生になぜ学費を減免しないのか。
 
 マスクひとつとっても後手後手の対応。加えて、検察庁法改悪と黒川氏の処遇に国民の怒りが爆発した。「火事場泥棒やめよ」「三権分立まもれ」。この声に自公政権は法案の今国会成立を断念。国民と野党の共同で政治は変えられる――たたかいの貴重な経験がまたひとつ増えた。
 
 コロナ禍の中、東京を思うように離れられないのが痛い。沖縄県議選の応援に行けないのがとりわけつらい。そこで昨日、応援の動画メッセージを発信することに。新基地ストップ、平和で豊かな沖縄へ、共産党とオール沖縄の勝利を何としてでも。
 
 九州各県の共産党事務所、地方議員をつないでのオンライン会議も広がってきた。互いに励ましあって、情報の共有と交換を行う。大変有効なやり方だ。当面、制約はあるが、知恵と工夫で乗り切ってゆきたい。(しんぶん赤旗 2020年6月3日)

赤旗水曜随想 「消費税の減税」に拍手 衆院議員 田村貴昭

減税でしょ 消毒スプレーの多用だからでしょうか、手がカサカサになりました。緊急事態宣言のもと、感染拡大地域の東京と福岡を行き来するものとしては、体調管理に気をつけ、手洗い、うがい、マスクはもとより、コロナを寄せ付けないために神経を集中する日々です。
 
 国会にみんな集まって大丈夫なのか?正直矛盾は感じますが、委員会室の窓は開放、議席の間隔を開けながら、「三つの密」とならないよう対処しています。本会議のあり方は、与野党で協議中です。
 
 やはり国会は休むわけにはいきません。「安倍政権のコロナ対策は不安だ」、この国民の思いに向き合うのが国会、とりわけ野党の役割だからです。
 
 「日々の支払いができない」「給付金はもらえるのか」「雇用調整助成金の手続きが煩雑すぎる」「税金納めてマスク2枚だけか」――国民の声をぶつけ、暮らしと営業を支え、医療体制を拡充させなければなりません。
 
 先日、私の質問に自民党席から拍手が起こりました。テーマは消費税の減税です。しかし、実効ある政策なのに、政府の経済対策には組まれていません。コロナとのたたかいは、これまでの自民党政治の間違いを正すたたかいでもあります。
 
 自粛と補償はセットで。共産党の主張は与野党の垣根を越えて、共感が広かっています。それが感染防止につながるからです。さあ、今日も質問です。行ってきます。(しんぶん赤旗 2020年4月8日)

水曜随想 「写経共闘」の力発揮 衆議院議員 田村貴昭

写経共闘 「これ何て読むの?」「『型枠施工』だと思いますよ」。他党の議員に教えたり、教えられたりして、転記作業を進めます。
 
 外国人技能実習生への聞き取り調査は、国会が求めたにもかかわらず、法務省は聴取票のコピーを認めません。安倍政権は実習生の実態を知らされたくないのです。そこで野党は分担して2870枚の調査票を書き写すことに。「写経共闘」です。
 
 私も数十枚分担しました。フルタイムで働いても月収数万円、1日16時間労働、そんな事例がたくさん。転記の作業場では連帯感がひろがります。
 
 「ひどい実態だ、これで外国人労働を拡大したら大変だ」「早く集計して、国会審議に生かそう」
 
 かくして、67%の実習生が最低賃金以下で働かされていた事実が明らかに。名野党共闘の力で入管法改定の土台を崩壊に追いこみました。
 
 漁協を退け、企業に漁業権付与の仕組みをつくる漁業法の大改悪。野党が十分な審議時間を求めたにもかかわらず、自民党は審議入りする前に採決日を言い出しました。前代未聞のやり方に、衆議院農水委員会の4野党は共同してたたかいました。
 
 宮城県の漁業者への聞き取り調査、国会での共同会見、共同ヒアリングも行い、いっそう結束が深まりました。
 
 安倍政権が強権政治を重ねれば、重ねるほどに、国民との矛盾は広がり、野党共闘は発展するのです。
 
 改憲の策動を打ち破り、実りも多かった臨時国会。来年は共闘をさらに広げ、論戦で追い込み、選挙で自公退場の審判を。正念場のたたかいです。(しんぶん赤旗 2018年12月12日)

水曜随想 「米軍基地拡大化にノー」 衆議院議員 田村貴昭

10800875728_IMG_1133 とんでもない計画が打ち出された。防衛省は24日、航空自衛隊築城(ついき)基地(福岡県)、新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県)に、米軍の緊急時使用のための施設整備を行うことを発表した。
 
 両基地ともに12機程度の戦闘機、1機程度の輸送機、200人程度の軍人を受け入れ、弾薬庫、駐機場、燃料タンクなどを整備。築城基地は滑走路を延長し、米軍隊舎もつくる。当然、周辺自治体、住民からは「寝耳に水」「米軍基地化されてしまうのでは」など驚きと怒りの声が上がっている。
 
 防衛省に聞いた。
 
――緊急時の期限はあるのか。「それは米軍の判断」
 
――軍用機は、F35(ステルス戦闘機)やオスプレイも含まれるのか。「機種は限定しない」
 
 要するに、米軍が「緊急」と判断すれば、自衛隊基地を好きなように使えるというもの。
 
――緊急時とは日本に対する他国からの武力攻撃事態か。「それも含まれる」
 
――基地を使用する部隊は。「すべての米軍が範囲」
 
 アメリカの対戦国からの標的となるのは明らかである。
 
 普天間基地の代替機能を持たせるのが理由だが、そもそも普天間基地に弾薬庫はない。
 
 安倍政権がいう「基地負担の軽減」のトリックに惑わされてはいけない。沖縄でも本土でも基地機能は拡大の一途にある。
 
 平穏な住民生活、生命財産を脅かす米国言いなりを許してなるものか。この間題の唯一の解決策は、普天間基地の無条件返還である。「辺野古新基地ノー」。玉城デニー県政を樹立した沖縄県民と連帯して、九州でも世論と運動を広げよう。(しんぶん赤旗 2018年10月31日)