エッセイ

帰国 8月27日

2017-08-25 19.43.37 ボンジュール。衆議院総務委員会の欧州地方自治制度の調査。連日、精力的に行ってきました。凱旋門、エッフェル塔・・・車の中から垣間見ただけです(苦笑)。

 

昨日は、南部のナント市で文化行政、少子化対策、郵便局の業務を勉強しました。

 

今日が最終日。土曜日なので行政対応はありません。在仏企業との懇談を行います。

 

さて、帰りの飛行機まで、歴史的建造物の一つでも見ることはできるか。

 

 

シャルル・ド・ゴール空港から11時間、ようやく東京につきました。欧州3カ国調査は無事終了です。たくさんのことを学びました。見聞きしたことは、今後の国会活動に大きく役立つことでしょう。

 

バカンス期にも関わらず、視察調査を受け入れてくれたみなさん、本当にありがとうございました。

 

フランス大使館の木寺昌人大使が行く先々で見送っていただきました。各国大使、大使館職員のみなさん、お世話になりました。

 

東京はまだ猛暑ですね。体をはやく慣らさなければ。明日から、日常の活動に戻ります。20170826_001

 

参加した議員

竹内譲(委員長・公明)、坂本哲志(自民)、左藤章(自民)、

古賀篤(自民)、小川淳也(民進)、田村貴昭(共産)、吉川元君(社民)

 

 <前のページ  6/6

水曜随想 「政治を前に進めたい」 衆議院議員 田村貴昭

01e5d9c96a53b1982b55f25528b45a4d6827ebbc0d 衆議院の海外派遣で欧州の地方自治の調査へ。現地では、東北、北陸地方の大雨、鹿児島での地震のニュースが次々に飛び込んできた。上空からみたエストニアの国土は、見渡す限りの森林と畑。山も川も見えない。一番高い山でも318メートルだとか。水害は想像できない。ベルリンやパリで歴史的建造物を見るたびに耐震構造は?余計なことを考えてしまうが、「地震はほとんど聞かない」とのことだった。
 
 災害大国日本。7月はじめに九州北部を襲った豪雨は、福岡県、大分県で36人の方が犠牲となり、3千件近い建物被害をもたらした。発災直後から、現地入りして状況把握にあたってきたが、いまだに道路が損壊し、足を踏み入れることのできない集落がある。農業や土木、鉄道を含めて甚大な被害を目の当たりにして、政府に必要な対策を求めてきた。
 
 昨日(28日)は、共産党福岡県委員会の政府交渉。家の解体・再建支援、農業、商工業者への支援拡大など、要求はどれも切実。「災害規模の大小によって、支援策に差があってもいいのか。東日本大震災、熊本地震と同様の対策を」。県議団と地元代表が求めた。家を失った人の苦しみはどんな災害でも同じ。ここが大きなポイントとなっていく。
 
 自治や福祉などの優れた取り組みを欧州3カ国で学んだ。同時に日本の地理と気候の特性をこれほど実感したこともなかった。着の身着のままで避難所生活を余儀なくされた被災者、猛暑の中、支援にあたるボランティア さまざまな人のことを絶えず思い浮かべて、一歩でも二歩でも政治を前に進めたい。(しんぶん赤旗 2017年8月30日)

水曜随想 質問も“生みの苦しみ” 衆議院議員 田村貴昭

質問する田村衆院議員=2月23日、予算委員会 忙しい時は重なる。集中的に押し寄せてくる。先週は委員会質問が3回、今週も3回。原稿依頼もあれば、地方選挙も目白押しだ。
 
 東京と九州、そして九州各県の移動は時間を要する。ドラえもんの「どこでもドア」があればなぁ、1日が48時間だったらなぁ、などとつまらないことを考えてしまう。
 
 しかし、時間があっても解決するものではない。法案質疑のことを半日ゆっくり考えても、全く進まないこともある。一方、飛行機の中でサッと書き上げた原稿が案外よかったりする。要するに「追い込まれ型」。この性格は子どもの頃から変わらない。
 
 今国会では、熊本地震対策に加えて、諌早干拓と有明海再生、下関北九道路や長崎新幹線の問題など、地元の課題も取り上げてきた。躍進を勝ち取って、質問時間も増えたので、一問一問、大切にしなければ。
 
 間違った政治を質(ただ)すのがわが党の本領。だから「満額回答」などない。それこそ、安倍政権打倒への闘志がわくというものだ。
 
 それでも、国民の要求をぶつけたら、一歩でも二歩でも前にすすめたい。質問を通じて、自治体庁舎の耐震建て替えに、国が支援することとなった。産みの苦しみ、その苦しみから成果が生まれたときはうれしい。
 
 さて、次の質問準備にとりかからねば。その前にひと風呂浴びよう。不思議なことに湯船につかると、ひらめくことがある。同僚議員に聞いた。「焼酎を飲んだら能率が上がる」、「原稿書きは早朝に限る」、「新幹線の移動時間が勝負」等々。質問づくりは、人それぞれである。(しんぶん赤旗 2017年4月12日)

水曜随想 田村貴昭 「自然の警告 聞こえぬか」

IMG_3205-768x514_002 緊急地震速報のけたたましい音で飛び起きた。スマホをみれば震源地は福島。数十秒して地震がきた。東京の議員宿舎、私の部屋は21階にある。ゆらり、ゆらり、建材がギシギシと音を立てる。船か、桟橋にいるような横揺れが長く続き、恐ろしかった。

 

 現地では、警報サイレンが鳴り、「早く逃げてください」のアナウンスが流れる。東北の人は、5年前の出来事が頭をよぎっただろう。これでおさまることを願いつつ、より大きい地震の再来の可能性もある。熊本地震の教訓だ。

 

 数メートル級の津波が押し寄せれば、死傷者も出るかもしれない。南スーダンに自衛隊を派遣している場合か。第一陣派遣の大半が東北の駐屯地所属の隊員だ。郷里の地震をさぞかし心配していることだろう。

 

 福島原発の映像が、テレビで映し出される。もし震度5が7だったら、それ以上だったら、原子炉建屋は、汚染水タンクは・・・想像するだけで恐ろしい。これだけ地震が多発しているにもかかわらず、政府は全国で原発を稼働させ、使い続けようとしている。歴史の教訓を学ばないことに、心底憤りを覚える。

 

 地震、台風、大雪、大雨など、今年は14もの大きな災害が日本列島を襲った。家屋の損壊は18万5766棟に上る。しかし、安倍政権は、被災住宅の再建支援を拡充せず、一部損壊への支援要求にも耳を傾けようとしない。

 

 安倍首相には、自然からの警告が聞こえぬか。防災、減災、災害対策はまだまだだ。警報やサイレンを一番鳴らさなければならないのは、今の政治である。

(しんぶん赤旗 2016年11月23日)

水曜随想 「共闘いっそうホットに」 衆議院議員 田村貴昭

福岡6区補選 新井候補の事務所を訪れ、懇談する田村衆院議員

新井ふみ子候補の事務所を表敬訪問し、選対スタッフと懇談する田村衆院議員

 暑くもなく、寒くもなく、気持ちのいい月曜日の朝であった。加えて、新潟知事選挙で原発再稼働に反対の米山隆一さんが勝利。福岡・宗像市議選も3候補全員当選。門司駅前(北九州市)での朝宣伝に集まった仲間たちもー様に「よかったねぇ」。マイクは軽く、気持ちのいい訴えとなった。
 
 新潟で共産党がいかにがんばったか、応援に行った同僚議員から聞く。「次期衆院選へ共闘加速」。産経新聞の見出しだって躍っている。民進党が自主投票だったことから、「共産存在感 民進ちぐはぐ」とまで。実際は、民選党代表も国会議員も応援に入ったのだが、誠実に共闘を呼びかけて、支援に全力を尽くす共産党の存在感は誰の目にも大きかった。
 
 ところ変わって福岡6区衆院補選。立候補を辞退した共産党の小林とき子さんが、新井ふみ子候補のポスターを手にして全力支援。その姿がテレビニュースで放映された。自(おの)ずと共闘は発展する。19日には野党そろい踏みの演説会開催となり、志位委員長が駆けつける。
 
 私も参加した党の演説会では、民進党の国会議員がかけつけ野党共闘を強調。新井さんの事務所を訪問したら「共産党さんのおとなの対応に感謝しています」。共闘の進化が確認できた。うん、安倍政権打倒にはこの道しかない。
 
 エアコンいらずの快適な気候はあっという間に過ぎてゆく。寒くて厳しい季節の到来だ。しかし、野党共闘にもはや冷え込みはない。いや決して冷え込ませてはならない。市民と一緒にすすめるさわやかな共闘、気持ちのいい訴えは、息が白くなっても続いていく。いっそうホットに。(しんぶん赤旗 2016年10月19日)