活動日誌

公布75周年 改憲阻止へ力合わせ 田村氏ら 戦争する国させない 北九州

北九州平和ネットのメンバーらと共に訴える田村氏(右)=3日、北九州市小倉北区

 「平和をあきらめない北九州ネット」は11月3日、北九州市の小倉駅前で街頭宣伝をしました。日本共産党の田村貴昭衆院議員、無所属の緒方林太郎衆院議員が駆け付け、立憲民主党の城井崇衆院議員がメッセージを寄せました。  田村氏は維新の会の憲法改悪の動きを批判し、「日本を戦争する国にする憲法改悪には断固として反対を貫く。野党が力を合わせて平和主義、民主主義、立[記事を表示]

総選挙 日本共産党10議席 野党一本化 62選挙区で勝利

衆院選当選10氏

 第49回総選挙の全議席が11月1日、確定し、日本共産党(公示前12議席)は比例代表で9議席、小選挙区では「オール沖縄」でたたかった赤嶺政賢氏が沖縄1区で勝利し、10議席を獲得しました。政権交代に挑んだ市民と野党の共闘が一定の効果を発揮し、野党で候補者を一本化した62の選挙区で与党候補に競り勝ちました。自民党は選挙後に無所属の2人を公認して261議席を得て、[記事を表示]

参院選で躍進必ず 田村・真島氏訴え 九州・沖縄

DSC01856

 総選挙の投開票から一夜明けた11月1日朝、衆院九州・沖縄ブロックを比例候補としてたたかった日本共産党の田村貴昭、真島省三両氏は、福岡市の博多駅前で朝宣伝をし、公約実現に奮闘する決意を述べました。仁比聡平前参院議員が駆け付けました。  田村氏は、市民と野党の共闘で福岡県内11選挙区の自民党独占に風穴を開けることができたと強調。「引き続き国会で自公政権と[記事を表示]

政策に共感広がる 田村氏喜び 九州・沖縄比例

当選確実の一報を受け拍手を受ける田村貴昭氏=31日、福岡市博多区

 九州・沖縄ブロックでは赤嶺政賢氏が小選挙区で議席を守り、定数20の比例で1議席を確保し、田村貴昭氏が3期目の当選を果たしました。(動画はコチラ)  10月31日の午後11時半すぎ、日本共産党の福岡県委員会の会場で、田村氏の比例での「当選確実」が報じられ、再選が決まると、会場に集まった人から大きな拍手が湧き上がりました。  万歳三唱のあと、支援者[記事を表示]

自公倒し政権交代 田村候補が街頭演説 福岡

251030625_2057348851070937_2397838892022277190_n

日本共産党の田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例候補は最終日の10月30日、福岡市と北九州市で街頭演説をしました。「野党共闘で頑張ってきた日本共産党。今猛追している九州・沖縄で比例2議席を獲得させてほしい」と声をからしながら訴えました。  演説を聞いた市民からは「消費税も大変だし国保料も高くて。頑張ってほしい」(商店主の女性)、「年金が少なくて働いているので[記事を表示]