活動日誌

「比例は共産党」最後の最後まで 比例候補こん身の訴え

 自公政権の継続か、野党共闘で政権交代か、歴史的な衆院選が、あす10月31日投票日を迎えます。中国、四国、九州・沖縄各ブロックの比例代表選挙はどこも、一票を争う大接戦、大激戦となっており、「抜きつ抜かれつ・横一線」のたたかいとなっている沖縄1区とともに、何としても勝ち抜こうと、日本共産党の比例候補と、あかみね政賢比例・沖縄1区重複候補が全力で奮闘しています。[記事を表示]

希望の日本へ政権交代必ず 比例候補こん身 誰一人 取り残さない 九州・沖縄(20)

九州・沖縄ブロック(定数20)では、なんとしても比例2議席目まで獲得し、大接戦の沖縄1区を勝ち抜こうと、沖縄1区でたたかう、あかみね政賢候補と、田村貴昭、まじま省三(福岡9区重複)、まつざき真琴(鹿児島2区重複)の各候補が、力を込めて訴えました。 「比例2議席奪還で、私を再び国会で働かせてほしい」と、まじま候補は、北九州市の戸畑、若松[記事を表示]

地球の未来守れ 田村候補こん身の訴え 市田副委員長街頭演説会 福岡・久留米

DSC_0147ec

 日本共産党の市田忠義副委員長は10月29日、福岡県久留米市で街頭演説し、田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例代表候補、河野かずひろ衆院福岡6区候補と共に訴えました。  市田氏は、「九州・沖縄で比例2議席に猛追している」と強調し、比例での党躍進と沖縄1区の赤嶺政賢候補らの勝利へ猛奮闘を呼びかけ。「野党共闘の底力を発揮し政権交代を実現しよう」と訴えました。[記事を表示]

もう一・二回り支持を 田村候補各地で演説 佐賀・熊本

 日本共産党の田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例候補は10月27日に佐賀県内、28日に熊本市の東区、中央区、北区、熊本県菊陽町を駆け巡り、街頭で訴えました。  熊本市東区の健軍電停では、「いよいよ最終盤。比例で日本共産党を2議席以上にするため、もう一回り二回りの支持を広げてください」と呼びかけました。気候危機打開を訴え、「政権交代で地球と未来を守ろう」[記事を表示]

九州・沖縄で比例2議席必ず 志位委員長が訴え 福岡

バンザイ (2)

 総選挙最終盤を迎えた10月27日、日本共産党の志位和夫委員長は福岡市の博多駅前で演説し、「九州・沖縄比例ブロックは、比例1議席から2議席への当選ラインに猛追です。あと一歩です。残り3日間で『比例は共産党』を、あと5票、10票と最後の最後まで広げてください」と呼びかけました。聴衆から熱気のある声援と盛大な拍手が起こりました。  志位氏は[記事を表示]