活動日誌

挑戦 初の複数、議席回復 2町議選 田村氏が応援 熊本甲佐・益城

甲佐・益城で演説会=26日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は1月26日、2月12日告示(17日投票)の熊本県甲佐町議選(定数12)で、党初の2議席獲得に挑む、佐野安春=現=、井芹しま子=元=の両予定候補の応援に駆けつけ、町議選は統一地方選、参院選での党躍進への前哨戦、「党議員の倍加で町政の流れを変えよう」と訴えました。  田村議員は、安倍政権の暴走を厳しく批判。相次ぐ自然災害にも[記事を表示]

選挙勝利で政治変化 福岡・佐賀民医連有志後援会

 福岡・佐賀民医連・日本共産党有志後援会の会合が1月26日、福岡市でおこなわれ、田村貴昭衆院議員があいさつに駆けつけました。  田村氏は、「県議5人、福岡市議7区7人をはじめ統一地方選で躍進し、参院選では比例代表で850万票15%を獲得、3期目をめざす仁比そうへい議員はじめ7人以上の当選と、かわの祥子福岡選挙区予定候補の勝利をかちとり、政治を変えましょ[記事を表示]

石綿飛散防ぐ法必要 無対策の現場近くで遊ぶ子どもも/田村貴昭氏ら 労働局と懇談 福岡

DSC02534

 吸い込めば肺がんなどをまねくアスベスト(石綿)を使った建物が全国で解体され、粉じんの飛散対策が求められている問題で、日本共産党の田村貴昭衆院議員は1月23日、福岡市内で福岡県建設労働組合(福建労)と福岡労働局を訪ねて飛散対策の状況を調べました。  福建労で田村氏は、解体現場の現状について質問しました。池田恵介書記は、解体前のアスベスト調査について「無[記事を表示]

馬毛島の購入やめよ 党県委が防衛省要請 鹿児島

20190122_150123

 米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転が狙われている鹿児島県の馬毛島(西之表市)の買収をめぐり、政府が地権者と売買仮契約を結んだことを受け、日本共産党の鹿児島県委員会が1月22日、国会内で防衛省に同島の購入中止を求める要請書を手渡しました。  仁比聡平参院議員、赤嶺政賢、田村貴昭両衆院議員、松崎真琴・鹿児島県議が同席しました。  要請[記事を表示]

2000億円道路やめよ 北九州市議補選 うど候補第一声 田村議員応援

うど候補

 北九州市議補選(小倉北区、定数1)が1月18日告示され、日本共産党・うど浩一郎候補が第一声をあげました。仁比そうへい参院議員と田村貴昭衆院議員が応援しました。  うど候補は、2000億円の下関・北九州道路計画を進める北橋市政と自民、公明などの市政与党を批判。国保料引き下げや子ども医療費無料化、中小企業・商店街支援の願いを日本共産党に託してと訴え、「無[記事を表示]