活動日誌

政治転換力込め訴え 田村・まじま・まつざき氏 大分

IMG_3086

 日本共産党衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補の田村貴昭(衆院議員)、まじま省三(福岡9区重複)、まつざき真琴(鹿児島2区重複)の3氏は11月15日、大分県の大分、別府の両市で街頭演説をしました。  田村氏はコロナ感染拡大に無責任で、日本学術会議に政治介入する菅政権を批判。「こんな政権は一刻も早く退場願おう。九州・沖縄比例2議席以上の躍進で政権交代を実[記事を表示]

子どもに予算もっと 田村議員に保育団体 福岡

保育団体と懇談=14日 (1)

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は11月14日、福岡市内で福岡県保育団体連絡会(福井英二代表)と懇談しました。  田村氏に保育士らが「子どものための予算を増やし、国の責任で安全・安心な保育・学童保育の実現を求める」国会請願署名への協力を要請しました。  就職2年目の男性保育士は、「狭いので知らない間に感染させるのが怖い。マスクをしていて表情が見えず[記事を表示]

建設国保 減免予算を 全建総連が共産党議員団に要請

全建総連が要請=13日 (4)

 全建総連の中西孝司委員長、勝野圭司書記長ら役員は11月13日、日本共産党の笠井亮・党建設国保対策委員会責任者、大門実紀史同事務局長ら国会議員団と懇談し、コロナ禍から建設労働者と中小事業者を守る施策実現への協力を要請しました。  笠井氏は「地域で重要な役割を果たしている建設労働者、業者を守るため頑張ります」とあいさつしました。  勝野書記長は、コ[記事を表示]

種苗法改定 必ず阻止 全国食健連が集会・座り込み

全国食健連=12日

 「国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会」(全国食健連)は11月12日、同日衆院農林水産委員会で審議が行われた種苗法改定案の廃案を求める集会と座り込み行動を衆院第2議員会館前で行いました。都内だけではなく徳島など地方からも含め約100人が参加しました。  政府・与党は17日にも委員会採決を狙っています。  主催者あいさつした農民運動全国連合会(農[記事を表示]

種苗法改定案撤回を 農民連が農水省に要請 田村・紙氏同席

11日 種苗法 農民連が政府要請

 農民運動全国連合会(農民連)は国会内で11月11日、種苗法改定案を撤回するよう農林水産省に要請しました。同改定案は「登録品種」について農民が続けてきた自家増殖を原則禁止するもの。農業生産だけでなく食の安全性・多様性を損なうものだとして反対の声が広がっています。  農民連の笹渡義夫会長は、知的財産の保護の名による自家増殖禁止が、日本も批准している「食料[記事を表示]