活動日誌

林野庁でも厚労省でも「ねつ造」、背景に何が 規制緩和ありき 強権的安倍政治

 データねつ造や公文書の改ざんが相次ぐ安倍政権の下で、4月には、政府提出の森林経営管理法案の説明資料でも「ねつ造」が行われていたことが明らかになりました。法案や政策の根拠となるデータを、行政府がねつ造するという異常事態の背景にはいったい何があるのか―――。  森林経営管理法案では、林野庁が、森林所有者から経営管理権をとりあげる同法案を正当化するために、[記事を表示]

憲法9条改憲許さない 憲法記念日集会 田村、仁比氏が登壇 北九州

北九州憲法フェスタ=3日

 安倍首相の狙う憲法9条改憲を許さないと憲法記念日の5月3日、各地で集会やデモ、宣伝が行われました。「安倍9条改憲NO!」3000万人署名を必ず集めきるとの決意にあふれました。  北九州市では憲法FESTA(実行委員会主催)が開かれました。約800人が模擬店や音楽、憲法クイズなどを楽しみながら憲法について考えました。  実行委員長の荒牧啓一弁護士[記事を表示]

熊本地震の支援充実を 田村・仁比・真島氏ら調査

5-2wed 熊本地震国会議員団調査 153 (2)

 日本共産党の田村貴昭衆院議員、仁比聡平参院議員、真島省三前衆院議員は5月2日、2年前の熊本地震で被災した熊本市と益城町、甲佐町、西原村、南阿蘇村で復旧・復興の状況を調査し、被災者の声を聞きました。  熊本市中央区の旧城下町では、1878年に建てられた町屋「清永本店」(全壊)と「吉田松花堂」(大規模半壊)で屋根や土壁が崩壊したままになっている状況を確認[記事を表示]

水俣病犠牲者悼む 公式確認62年「同じ悲劇起こすな」 田村貴昭衆院議員献花

水俣病慰霊式典=1日

 水俣病の公式確認から62年を迎えた5月1日、患者団体などでつくる実行委員会と熊本県水俣市が主催する「水俣病犠牲者慰霊式」が同市で開かれました。遺族や被害者ら650人が出席しました。  患者遺族を代表して、小児性認定患者の金子親雄さん(66)が「祈りの言葉」を述べました。  2歳の時に水俣病を発症。父と弟も水俣病で亡くなり、その下の弟も胎児性患者[記事を表示]

「働かせ方」改悪阻止、9条守る 安倍政権は総辞職せよ 福岡メーデーで田村衆院議員

福岡県統一メーデー=1日

 福岡市では第89回福岡県中央統一メーデーが開かれ、31団体26労組の851人が参加しました。日本共産党から田村貴昭衆院議員が来賓あいさつし、集会後、パレードをしました。  江口謙二実行委員長は、「安倍政権の『働き方改革』法案を世論と運動で廃案に追い込もう」と訴えました。  田村議員とともに、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補や統一地方選挙の予定候[記事を表示]