活動日誌

「21世紀の日本問われる」/九州・沖縄いっせい宣伝/赤嶺氏ら訴え

 目前の総選挙、九州・沖縄比例ブロック(定数21)で2議席獲得のため、九州・沖縄各地の日本共産党は6月15日、ことし5回目の「衆院選勝利へ九沖ブロックいっせい宣伝行動」を取り組みました。駅前やターミナルなど400カ所以上で、比例候補を先頭に宣伝しました。 「今度の総選挙は21世紀の日本の新しい姿が問われる重大な選挙です」。赤嶺政賢衆院議員、田村貴昭衆院九州・[記事を表示]

核兵器廃絶 一日も早く/博多駅前 田村比例候補ら署名訴え

 日本共産党福岡東・博多地区委員会は6月14日博多駅(福岡市)で、核兵器廃絶を求める街頭宣伝・署名活動を行いました。田村貴昭衆院比例候補がかけつけ、比江島俊和市議らとともに訴えました。 田村氏は、核兵器廃絶の声を世界にむけて発したオバマ米大統領に対し、日本共産党が送った書簡に対するアメリカ側からの返書が寄せられたことにもふれ、「こんどこそ、悪魔の兵器・核兵器[記事を表示]

増税許さない党大きく/沖縄県業者後援会集いで田村比例候補

迫る総選挙の九州・沖縄比例区で2議席獲得をめざして連日各県を駆けめぐる日本共産党の田村貴昭衆院比例候補は6月12日に沖縄入りし、党県業者後援会主催の「つどい」で弁士を務めました。 山川恵吉業者後援会長は、「消費税で零細業者は搾り取られ、苦境に立たされている。これ以上の犠牲を一人も出さないために、消費税増税を選挙の大きな争点に押し上げ、悪政を変える共産党を躍[記事を表示]

生活、平和頼む共産党/那覇 赤嶺衆院議員、仁比参院議員、田村比例候補に

 目前の総選挙と一体でたたかわれる沖縄県都・那覇市議選の告示(28日)まで2週間を切るなか、日本共産党の赤嶺政賢衆院議員・比例候補、仁比聡平参院議員、田村貴昭衆院比例候補は先週末の6月12日から14日にかけ相次いで沖縄入り。那覇市内各地で市議候補とともに7氏全員当選で暮らしを守る命綱を太く強くしようなとと訴えました。 田村候補は12日、ときおり激しい雨の降る[記事を表示]

日本の将来像熱く語る/大分・中津で山下議員

 日本共産党大分県北部地区委員会は山下芳生参院議員を迎えた演説会を同県中津市の中津文化会館で6月7日、開きました。山下氏は日本共産党のめざす社会を熱っぽく語り、会場からは何度も笑いが起き、拍手が送られました。 山下議員は(1)まじめに働いたら普通に生活できるルールある経済社会(2)お年寄りが安心して老後を過ごせて、子どもたちが健やかに成長できるような税金の使[記事を表示]