活動日誌

農業振興で後継者育つ 奄山大島 再生プラン語る田村比例候補

 日本共産党の田村貴昭衆院比例候補は7日、鹿児島県の奄美大島にわたり、街頭宣伝と演説会に臨みました。時々スコールが振るなか、田村候補は離島振興にもふれて、「人口を定着させるには農業振興がかなめです。鹿児島の耕作放棄地は2万ヘクタール全国的にもトップ、奄美市の面積の3分の2にあたる」「価格保障・所得補償をすれば後継者が育つ」と党の「農業再生プラン」を紹介しまし[記事を表示]

2議席へ候補者奮闘/田村候補 街頭演説

 日本共産覚の田村貴昭衆院比例候補は5日、沖縄見入り、小選挙区で候補者を立てない浦添市内3カ所で「衝かど演説会」を行いました。「赤旗」8月号外を後援会員が配りました。  台風8弓の影響で時折、激しい雨が降るなかを田村候補は、西銘純恵県議、西銘健市議と、「日本共産党を大きぺ伸ばして自公政権を倒し、政治の中身もご一緒に変えていきましょうと気迫を込めて訴えました。[記事を表示]

軍事費削れば財源/北九州で田村比例候補 訴えに共感

 田村貴昭衆院比例候補候補は4日、午前に北九州市戸畑区、午後は同市八幡東区で計10ヶ所を越える「街かど演説会」を回りました。田村候補は「消費税増税の根を断ち切ってこそ、景気回復につながる」として、増税を食い止める「防波堤」・日本共産党の躍進を訴えました。  街頭では、「今度の選挙はみんな真剣だからね、投票率は上がるよ。頑張ってほしい」(八百屋の女性・八幡東[記事を表示]

比例2議席回復必ず/田村比例候補 大分分野別後援会で訴え

 田村貴昭衆院比例候補ぽ2日、大分市内の医療、業者、青年、女性など分野別の日本共産党後援会の「決起集会」や「つどい」5ヶ所を奔走し、自民・公明政治への決定的な審判を下す日本共産党の躍進を訴えました。  この日は公示前最後の大分県入り。大分県内で4万5干、大分市内で1万7千の得票目標の実現を期し、過去最多となる1日5回の「電気紙芝居」を敢行。山下かい比例候補[記事を表示]

医療費無料化、食料品非課税意いい 田村比例候補の街かど演説に

 九州・沖縄を連日かけめぐる日本共産党の田村貴昭衆院比例候補は7月30日と1日、北九州市小倉南区で、団地、スーパー前など数カ所の「街かど演説会」に臨みました。その先々で有権者の総選挙への思いなどを聞きました。 北九州市小倉南区 有権者の声は  30日、衝かど演説の聴衆は各10~25人。演説地点そばを走る車がクラクションを鳴らし、手を振るドライバーからも激励を[記事を表示]