活動日誌

安全とローカル線を守れ 国労が党国会議員団と懇談

 国労(国鉄労働組合)の佐々木隆一副委員長らは3月3日、衆院第2議員会館で日本共産党国会議員団と懇談し、新幹線建設と在来線存続問題や災害復興、安全対策などについて協力を要請しました。高橋千鶴子、本村伸子、田村貴昭各衆院議員、武田良介参院議員が応対しました。  佐々木副委員長は、「国鉄分割民営化から30年以上経過し、矛盾が広がっている。北海道で新幹線をつ[記事を表示]

野党の共同日々進化 田村衆院議員が講演 福岡・福津革新懇総会

2020030203208

 福岡県の「平和とくらしを守る福津革新懇話会」は2月29日、福津市で第17回総会を開きました。日本共産党の田村貴昭衆院議員が記念講演をしました。  田村氏は、新型コロナウイルスの対応で、安倍首相が小中高校などの一律休校を要請したことに、科学的根拠も具体的な支援策もないと批判。対策費について、不要不急のカジノを中核とするIR(統合型リゾート)、マイナンバ[記事を表示]

馬毛島軍事利用阻もう 田村衆院議員迎え国政報告会 鹿児島・西之表

国政報告会=29日、西之表市

 鹿児島県の日本共産党熊毛地区委員会は2月29日、田村貴昭衆院議員を迎えて、米空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の移転が狙われる馬毛島を抱える西之表(にしのおもて)市で国政報告会を開きました。  田村氏は政府と地権者との間で進められている馬毛島の買収問題について、新聞各紙が大きく報じた自身の衆院予算委員会での論戦(2月18日)を報告しました。政府が土地の[記事を表示]

気候非常事態宣言 国会決議めざす議連発足 気候「危機」の認識共有へ

2020022001674

 衆参両院で「気候非常事態宣言」の決議をめざす超党派の議員連盟が2月20日に発足し、国会内で設立総会を開きました。共同代表幹事となった日本共産党と自民、立憲民主、国民民主、公明、維新各党の議員があいさつし、共産党の小池晃書記局長が発言。社民党はメッセージを寄せました。  「気候非常事態宣言」は、世界規模で深刻化する気候変動に対応しようと、各国の議会や自[記事を表示]

福岡・空自築城基地 拡張計画 予算取り下げ/住民猛反対 国動かす

無題

 福岡県・航空自衛隊築城(ついき)基地(築上町、行橋市、みやこ町)の米軍基地化に伴う拡張問題で、防衛省が2020年度予算への用地取得費計上を取り下げていたことが2月17日、日本共産党の田村貴昭衆院議員の問い合わせでわかりました。住民の猛反対で完成まで約5年としていた計画は大きく見直しを迫られます。  計画では基地南東部に隣接する農地(築上町今津地区)約[記事を表示]