活動日誌

北九州でTPP学習会 首相は米国の意のまま 田村候補が報告

日本共産党福岡県八幡戸畑遠賀地区委員会は12月10日、環太平洋連携協定(TPP)問題学習会を北九州市八幡西区で開き、95人が参加しました。 田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例候補、八幡西民主商工会の田代順二事務局長、戸畑けんわ病院の田口義和事務長が報告しました。 田村氏は、野田首相が国民のノーの民意を踏みにじり、アメリカの意のままにTPP参加[記事を表示]

水曜随想 「三度目の正直」必ず

 本稿掲載の今日、私は宮城県でボランティア活動にあたっている。大震災から9ヶ月、厳しい冬を迎えた被災地の現状を今一度この目で確かめ、筆舌に尽くせぬ被災者の苦労と思いを肌で感じる必用にかられた。 私にとっては福岡県知事選から日々救援復興、原発撤退を訴えての9ヶ月でもあった。復興に名を借りた増税計画、税と社会保障、環太平洋連携協定(TPP)、普天間基地…混迷深め[記事を表示]

障害者総合福祉法 温かい新法実現を 福岡県民集会に900人

 「私たちのめざす新法、障害者総合福祉法を実現させよう」福岡県民集会が11月30日、福岡市中央区須崎公園で開かれました。目標の600人を大きく超える900人以上が参加しました。 障害者福祉をめぐっては、政府の障がい者制度改革推進会議・総合福祉部会が8月末に、障害者自立支援法廃止後の新法制定に向けた「骨格提言」をとりまとめています。 集会では、身体障害者団体連[記事を表示]

パナ社に雇用守らせよ 閉鎖問題で田村衆院比例候補ら鹿児島県に申し入れ

鹿児島県庁 日本共産党鹿児島県委員会と田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例候補は11月28日、日置(ひおき)市のパナソニックセミコンダクターオプトデバイス工場の閉鎖が検討されている問題で伊藤祐一郎知事と鹿児島労働局あてに雇用確保へ万全を期すよう申し入れました。 まつざき真琴県議と山口初美日置市議が同行しました。 パナソニックは同工場の従業員約600人に対し、来[記事を表示]

馬毛島訓練移転断念を 党鹿児島県委が政府と交渉

 日本共産党鹿児島県委員会(野元徳英委員長)は11月25日、馬毛島(同県西之表市)への米空母艦載機による離着陸訓練の移転断念を求めて政府交渉をしました。まつざき真琴県議、中嶋敏子出水市議、井上勝博薩摩川内市議、県母親大会連絡会の上村さよ子会長が参加。赤嶺政賢衆院議員、田村貴昭・衆院九州・沖縄比例候補が同席しました。 まつざき氏は、地元1市3町の首長・議長、住[記事を表示]