活動日誌

学びの保障は国の責任 田村衆院議員 集いで訴え 宮崎・都城

 日本共産党の田村貴昭貴昭衆院議員は6月27日、宮崎県都城市で南部地区委員会主催の二つの集いに参加しました。  夕刻、市内で若者向けの集いに参加した田村氏は、日本民主青年同盟県委員会が取り組んだ青年アンケートの結果報告を受けて対話。青年たちは、「親の仕事に影響があり負担をかけられない。食事を減らし節約している」「オンライン授業は資料の印刷が負担だった。[記事を表示]

コロナ禍学生救おう 国は公平な支援策を 水産大学校と田村衆院議員が懇談 山囗

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月26日に山口県下関市にある水産大学校を訪ね、新型コロナ感染症による学生生活への影響について近藤喜清校務部長、川崎潤二学生部長と懇談しました。西岡広伸市議が同席しました。  同校は農林水産省が所管し、学生数は約900人。学校教育法上の専修学校の認可を受けていないため、コロナの影響で収入が減った学生に国が支給する学生支援[記事を表示]

コロナ危機打開 政権交代語る 田村衆院議員がRKBラジオに出演

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月26日朝、RKB毎日放送のラジオ番組「櫻井浩二インサイト」に生出演し、新型コロナ危機への対応や今国会での活動について語りました。(音声はこちら RKBラジオ)  「一番議論が足りないと感じたことは何ですか」との質問に田村氏は、コロナ感染がまだ完全に収まっておらず、第2波への備えをしっかりするためにも、野党で国会延長を[記事を表示]

17年九州北部豪雨 いまだ復旧の途上 田村議員が首長と懇談

渋谷村長(右)と懇談する(左から)高瀬、田村両氏=25日、福岡県東峰村

 2017年7月の九州北部豪雨から間もなく3年を迎える中、日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月25日、被災自治体のうち福岡県東峰村と添田町を訪ね、不通となっているJR九州日田彦山線の復旧などについて首長と懇談しました。高瀬菜穂子県議が同行しました。  東峰村で田村氏は、「村に来る道すがらあちこちで工事が行われ、いまだ復旧の途上と感じる。現状をお聞きしたい[記事を表示]

新型コロナ 農家守る支援策急務 農民連が農水省と交渉

 農民運動全国連合会(農民連)の笹渡義夫会長らは6月24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響から畜産農家やコメ農家の経営を守る緊急対策をとるよう農林水産省に要請しました。  要請では、肉用牛肥育の標準販売額(粗利益)が生産費を下回った分の9割を補てんする「肉用肥育経営安定対策交付金制度」(牛マルキン)で、4分の1を占める生産者負担金を免除するとともに、[記事を表示]