活動日誌

ワクチン含め対策すぐ/豚コレラで農民連など要請

緊急対策を求める森島(左から3人目)、笹渡(同4人目)両氏ら。左端は田村衆院議員=31日、衆院第2議員会館

 家畜伝染病・豚コレラの感染が拡大を続けるなか、農民運動全国連合会(農民連)、農民連ふるさとネットワーク、畜産農民全国協議会(畜全協。農民連に団体加盟)は31日、まん延防止策などを農林水産省に要請しました。  農民連の笹渡義夫会長、畜全協の森島倫夫会長、千葉県、神奈川県の生産者らが、ワクチン接種を一律に否定せず、弾力的に対応することなどを求めました。 [記事を表示]

諫早 解決の道は開門 農・漁業両立の環境を 干拓訴訟の上告審結審

よみがえれ有明訴訟報告集会=26日

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門をめぐり、漁業者側の訴えを認めて開門を命じた確定判決(2010年、福岡高裁)を強制しないよう国が求めた訴訟の上告審弁論が7月26日、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)で開かれ、結審しました。判決期日は追って指定されます。 14年に国が起こした同訴訟では、二審の福岡高裁が開門を認めない判決を出したため、漁業[記事を表示]

産直運動の新展開へ 農民連ふるさとネットが総会

農民連ふるさとねっとわーく=26日

 農民運動全国連合会(農民連)の産直組織「農民連ふるさとネットワーク」は7月26日、東京都内で第16回総会を開き、農家・農業切り捨ての自民農政と対峙(たいじ)し、産直運動の新たな展開をめざす方針を確認しました。  根本敬代表は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)や「家族農業の10年」の動きを紹介。「大量の農薬や化学肥料を使用する大規模化より、小規模・[記事を表示]

米軍基地化の阻止へ 田村氏、いけかめ町議予定候補が街頭から訴え 福岡・築上

築上町 いけかめ候補

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月22日、28日投票の町議選を控えた福岡県築上町で街頭宣伝をしました。いけかめ豊予定候補(66)=現=とともに「消費税増税阻止、町民要求実現に頑張る日本共産党に支援を」と訴えました。  田村氏は、参院選での沖縄、大分、愛媛など10の1人区での統一候補勝利と改憲勢力の3分の2割れを紹介し、「共闘すれば勝利の展望が広がる。[記事を表示]

「女性の声国政に」 白川統一候補を激励 田村衆院議員 長崎

白川野党統一候補を激励

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月13日、長崎市内での決起集会と街頭宣伝終了後、参院長崎選挙区・野党統一の白川あゆみ候補(国民民主党)事務所を表敬訪問しました。  山下満昭県委員長も同行。白川候補とともに、国民民主党県連の渡辺敏勝幹事長が応対しました。(しんぶん赤旗 2019年7月19日)[記事を表示]