活動日誌

石木ダム抗議続く 田村貴議員が激励 長崎

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月23日、長崎県と佐世保市が東彼杵(ひがしそのぎ)郡川棚(かわたな)町に計画する、石木ダムの県道付け替えの工事現場に駆け付け、現地に座り込んで抗議行動を続ける地元住民や支援者を激励しました。  工事を急ぐ県は、工事現場周辺に地元住民らが休憩などのために設置したテーブルや椅子などの私物について、19日までの撤去を求める看[記事を表示]

河井疑惑終わらせぬ 田村衆院議員迎え国政報告会 長崎

長崎街頭国政報告会=22日

 長崎県の日本共産党南部地区委員会は6月22日、田村貴昭衆院議員を迎え、長崎市の繁華街で国政報告会を行いました。内田隆英、中西敦信の両市議も訴えました。  田村氏は、河井克行前法相夫妻が買収容疑で逮捕された問題について、「世論調査では、9割を超える国民が、河井夫妻はすぐに辞職すべきだと答えている。安倍首相がおわびの会見を開いただけで終わらせるわけにはい[記事を表示]

感染予防の予算ぜひ 田村氏、民主団体と懇談

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月22日、長崎市入りし、新型コロナウイルス感染拡大の影響について、新婦人県本部と長崎支部、長崎民商、長崎民医連のメンバー10人と懇談しました。山下満昭党県委員長と内田隆英市議が参加しました。  新婦人県本部の山下優子事務局長は、避難所における感染予防・拡大防止対策について「県は約4000万円を計上したというが、それでは[記事を表示]

10月に市議選 生活守る3議席必ず 田村衆院議員が激励 福岡・宗像

(左から)激励する田村氏と末吉、新留、川内の3候補=21日、福岡県宗像市

 福岡県の日本共産党宗像・粕屋地区委員会は6月21日、10月の宗像市議選の勝利に向けた同市活動者会議を開きました。田村貴昭衆院議員が激励に駆けつけました。  市議選は、現職の末吉孝、新留久味子両氏と、新人の川内亮氏が勇退する植木隆信氏のバトンを受け、立候補の予定。現有3議席確保をめざします。  田村氏は、所属する農林水産委員会で活動する上で、党市[記事を表示]

自民改憲案提示5国会連続で阻止 北九州地域革新懇総会で田村衆院議員が国政報告

革新懇

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月20日、北九州市の小倉南区革新懇第10回総会で国政報告をしました。  代表世話人の荒牧啓一弁護士は、黒川弘務氏の定年延長を合理化する検察庁法改定案が世論の力で廃案に追い込まれたと強調。「一日も早く安倍政権を終わらせよう」と訴えました。  田村氏は、コロナ禍のさなか憲法改悪に前のめりの安倍首相を批判し、憲法審査会[記事を表示]