活動日誌

米軍ヘリ部品落下 飛行停止に協力を 保育園長ら共産党に要請 小池氏ら応対

 沖縄県宜野湾市にある緑ケ丘保育園の神谷武宏園長や父母会役員らは2月14日、国会内で、園内に米軍普天間基地所属のヘリコプターの部品が落下したとみられる昨年12月の事故の原因究明や飛行停止などを求めて、日本共産党をはじめ与野党に協力を要請しました。  日本共産党への要請には、父母会の知念有希子副会長ら4氏と桃原功・宜野湾市議(結・市民ネットワーク)が参加[記事を表示]

九州北部豪雨 種もみ発注できない 田村衆院議員に農家訴え

朝倉市で農家から豪雨被害調査=12日

 昨年7月の九州北部豪雨で被災した農地の早期復旧に向け、日本共産党の田村貴昭衆院議員は2月12日、みのう農民組合の協力で福岡県朝倉市の被災農家を訪ね、課題を聞きました。  入地地区で田んぼやネギのビニールハウスに土砂が流れ込んだ男性(63)は、農機具への補助は軽トラックなどが対象にならないなど使い勝手が悪く、3年分の経営計画も求められるため、補助申請を[記事を表示]

改憲阻止へ党大きく 新春のつどいで田村衆院議員訴え 福岡

早良区新春のつどい

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は2月11日、福岡市の党早良区後援会が開いた新春のつどいで講演し、会場いっぱいの参加者に「安倍政権を終わらせ、宝の憲法を守るため、日本共産党を大きくしよう」と呼びかけました。  田村氏は安倍9条改憲について、海外での際限のない武力行使に道を開くと批判。3000万署名の成功に向け、「改憲を市民と野党の共同で阻止しよう。日本共[記事を表示]

無断伐採を全国調査 田村貴昭衆院議員が要求

 国や自治体が管理する森林が無許可で伐採される盗伐被害が相次いでいるもと、斎藤健農林水産相は2月6日の記者会見で、全国的な調査を指示したことを明らかにしました。  国内有数の木材産地である宮崎県では、2012年から17年9月までに盗伐被害の相談件数が126件に上っています。斎藤農水相は「悪質な行為は許しがたい。都道府県に対し、宮崎県の無断伐採の事案を周[記事を表示]

憲法守り暮らし拡充を 55万人超の署名提出/新婦人が集会 党国会議員に手渡す

新婦人が国会議員団で署名提出=7日

 新日本婦人の会(新婦人)は2月7日、来年度予算に対する要求を集めた署名などの提出集会を衆院第1議員会館で開きました。合わせて55万3299人分の署名を日本共産党の国会議員に手渡しました。  提出したのは、「秋の行動」として取り組んだ「税の集め方と使い方を変えて暮らしの向上を求める」「保育・医療・介護・年金などの拡充を求める」「改憲ではなく、教育予算の[記事を表示]