活動日誌

離島振興へ要望聞く 党国会議員団が振興協から

 日本共産党国会議員団離島振興対策委員会は12月13日、国会内で、2022年度末が期限となる「離島振興法」について、離島市町村で構成される離島振興協議会から要望を聞くとともに、国の離島振興予算や軽石被害対策について国土交通省からヒアリングを行いました。  同協議会の小島愛之助専務理事は、離島振興法の延長と抜本改正、関係予算額の確保、離島航路の存続など離[記事を表示]

反共反撃次に生かす 嬉野市議選決起集会 田村衆院議員訴え 佐賀

12日 嬉野決起集会 (1)

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は12月11日、佐賀県嬉野市議選(来年1月16日告示、23日投票)で党議席獲得をめざす新人・あべ愛子氏の同市での決起集会に駆けつけました。  田村氏は総選挙から続く野党共闘攻撃、反共攻撃について報告。「野党共闘が怖い人たちが絶えず行ってきた宣伝だ。衆議院選挙では十分な反撃ができなかった点は、次の参議院選挙に生かして野党共闘[記事を表示]

オスプレイ飛行中止・配備撤回を 安保破棄中央実行委が署名提出 共産党に託す 

20211208051996

国民の命と安全守れ  安保破棄中央実行委員会は12月8日、オスプレイの飛行中止と配備撤回を求める請願署名の1次分1万6717人分を国会に提出しました。日本共産党国会議員団に託しました。  署名は、沖縄・普天間基地、東京・横田基地、千葉・木更津駐屯地への米軍や陸自オスプレイの配備が進められ、低空飛行や夜間訓練、事故などが住民生活を脅かしているとして[記事を表示]

農地維持できる交付を 田村・紙議員が農水省聞き取り

20211207051881

 日本共産党の田村貴昭衆院議員、紙智子参院議員は12月7日、水田農業で主食用米から飼料用米などへの転換を支援する「水田活用の直接支払交付金」の「見直し」について農林水産省から聞き取りをしました。  「水田活用の直接支払交付金」は、主食用米から、加工用米や飼料用米、麦、大豆、ソバなどへの作付け転換に対して、面積に応じて交付するものです。今回、農水省は、対[記事を表示]

野党共闘さらに推進 総選挙報告集会 田村衆院議員が訴え 佐賀・伊万里

参加者の拍手に応える田村氏(右)、船津候補(左)=5日、佐賀県伊万里市

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は12月5日、佐賀県伊万里市で北部地区委員会と伊万里市委員会が共催した「伊万里市議補選勝利・総選挙報告集会」に駆け付け、訴えました。  田村氏は新型コロナ感染拡大で自民党の医療政策の間違いが実証されたと指摘。「そんな中、病院のベッドを20万床減らす計画だ」と批判。さらに大軍拡をすすめようとしているとのべました。総選挙では野[記事を表示]