農林水産委員会

水産加工業守るとき 田村氏 「原材料購入の補助必要」

水産加工業守るとき 3月22日 農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は3月22日の衆院農林水産委員会で、長期的な漁獲量減少や価格高騰による原材料確保の困難などが水産加工業を直撃しているとして、国の対応をただしました。 (質問動画はコチラ) (会議録はコチラ)  田村氏は「イカ、サケ、サンマの不漁は大変深刻で、加工業者を直撃している。とくに東北の被災地では深刻だ」と述べ、業者の直面する課題につ[記事を表示]

漁民納得の和解案を 諫早非開門前提の国を批判 田村衆院議員 農水委

3月20日 農水委員会 田村議員

 日本共産党の田村貴昭議員は衆院農林水産委員会で3月20日、国の諫早湾(長崎県)干拓事業で設置された潮受け堤防排水門の開門を強制しないよう国が求めた請求異議訴訟で、非開門が前提の和解に固執する国の姿勢をただしました。 (質問動画はコチラ) (会議録はコチラ)  福岡高裁は5日、開門しない前提で「開門に代わる基金等」を和解の方向性として示しました。[記事を表示]

赤字でも交付金廃止 田村氏「コメつぶし政策だ」

質問する田村貴昭議員=20日、衆院農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は衆院農林水産委員会で3月20日、2018年産のコメの直接支払い交付金と減反(国による生産調整)の廃止問題をとりあげ、責任ある需給対策と経営支援を求めました。 (質問動画はコチラ) (会議録はコチラ)  田村氏は、コメの過剰生産による米価下落に懸念が広がり、全国の地方議会から需給対策、戸別所得補償の復活などを求める意見書が相[記事を表示]

相次ぐ盗伐被害 対策ぜひ 森林資源守れ 田村衆院議員 農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は12月12日の衆院農水委員会で、人や国・地方自治体が所有する森林を無許可で伐採する盗伐被害が相次いでいることを指摘し、国に実態把握と対策を求めました。 (質問動画はコチラ) (会議録はコチラ)  宮崎県では、2012年から今年9月までに県警に届けられた盗伐被害の相談件数は126件に上る一方、被害届はほとんど受理されていませ[記事を表示]