議事録

196-衆-環境委員会-2号 平成30年03月06日 石炭火力発電 態度あいまい/タンカー油漂着影響調査を 田村衆院議員が政府の対応ただす

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 質問に入る前に、一言。 今、大問題になっている、森友学園の国有地取得をめぐる決裁文書が書きかえられていたという疑義が生じていて、調査が行われています。まともな回答がないわけでありますけれども、これがもし真実だとするならば、国会の国政調査権、そして議員の国会での審議権をじゅうりんする重大なものであります。この疑[記事を表示]

196-衆-予算委員会第八分科会-1号 平成30年02月23日 九州豪雨の運休線 鉄道復旧は国の責任で 田村衆院議員が要求

○田村(貴)分科員 日本共産党の田村貴昭です。 まず最初に、災害による鉄道の復旧について質問をいたします。 東日本大震災、熊本地震、そして台風、また九州北部豪雨など、大きな災害が続き、鉄道が被害に遭っています。JRを含め、災害で不通になった鉄道路線が復旧されないままに廃線に追い込まれる、そういう事態も各地で起きています。災害を原因とする鉄道廃止は絶対にあ[記事を表示]

196-衆-災害対策特別委員会-2号 平成30年02月16日 記録的豪雪・膨らむ除雪費 災害救助法適用して 田村貴昭議員が質問

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 このたびの豪雪被害においてお亡くなりになられた方々に心からお悔やみを申し上げるとともに、全ての被災者の方にお見舞いを申し上げます。 内閣府は、二月の八日、各都道府県に対して、「災害救助法における障害物の除去(住宅の除雪)について」の文書を発しました。今回のような豪雪で、災害救助法の適用で、雪の重みによる家の倒[記事を表示]

195-衆-農林水産委員会-6号 平成29年12月12日 相次ぐ盗伐被害 対策ぜひ 森林資源守れ/後継者が育つ農政へ 田村議員が転換求める 農水委

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 最初に、林野庁にお伺いしたいことがあります。人や国や自治体の森林を無断で伐採する、盗伐の問題について伺いたいと思います。 宮崎県で盗伐の被害が相次いでいます。県警によれば、二〇一二年からことし十月末までの相談件数は百二十六件にも上っていますが、ほとんどが被害届の受理がされていません。大規模な違法伐採による荒れ[記事を表示]

195-衆-農林水産委員会-4号 平成29年12月05日 軽種馬生産の支援を 田村衆院議が農家減少を指摘 衆院農水委

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 競馬法改正案について質問をします。 今回延長される二つの措置は、JRAから地方競馬全国協会への支援と、地方競馬全国協会における畜産振興の資金を地方競馬の活性化に使えるという措置であります。 この措置を定める附則八条一項は、交付金の使途を定めた法二十三条の四十二、この規定の例外を設けるものであります。なぜ、本[記事を表示]