石炭火発増認めるな 世界の流れに逆行  田村衆院議員 衆院環境委

チッソ社長暴言問題=15日、環境委 日本共産党の田村貴昭議員は5月15日の衆院環境委員会で、石炭火力発電の新増設は認めるべきでないと求めました。

質問動画はコチラ
 
 田村氏は、政府が気候変動による被害を軽減する適応策と、温室効果ガス排出を削減する緩和策を「車の両輪」とするが、「『緩和なくして適応なし』だ。最大限の緩和策が大前提だ」と指摘。2030年までの温室効果ガス削減目標が、国際的な基準である1990年比で18%削減にとどまるとし、少なくとも同40~50%削減が必要だと述べました。
 
 その上で、日本が世界の流れに逆らい石炭火力発電を推進していると批判しました。神戸製鋼所などを事業者とする石炭火力発電所計画に対する環境大臣意見には「事業計画の撤回」も含まれているが、設備更新などを行えば容認するのかとただしました。
 
 中川雅治環境相は「排出削減への道筋が描けない場合、計画中止なども含むあらゆる選択肢を勘案する」と答弁しました。(しんぶん赤旗 2018年5月18日)