ぜんそく

ぜんそく患者が増加 新救済制度を 衆院環境委 田村貴議員

質問する田村貴昭議員=20日、衆院農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は3月20日の衆院環境委員会で、国が「公害健康被害補償法」の新規患者の認定を打ち切ったあとも、ぜんそく患者が増加しているとして、新たな救済制度の創設を求めました。 (質問動画はコチラ) (会議録はコチラ) (資料はコチラ) 公害健康被害補償法は1974年、大気汚染によるぜんそくなどの公害被害を補償するため発足。88年に大気汚[記事を表示]