日米貿易協定

大幅譲歩迫られたか/田村貴昭議員 日米貿易交渉 説明を

日米首脳会談について=29日、農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は5月29日の衆院農林水産委員会で、日米首脳会談で農産物の関税撤廃など大幅な譲歩を迫られたのかどうか追及しました。政府はまともに答弁しませんでした。(質問動画はコチラ)  田村氏は、トランプ大統領が訪日中に「日本と貿易交渉で大きな進展があった。農業と牛肉が重点的な対象だ」とツイッターで投稿したことを紹介。「農業と牛肉で日本側が[記事を表示]

日米貿易交渉 畜産業に重大な被害 田村貴昭議員が質問 衆院農水委

日米自由貿易交渉について質問 田村議員=5月8日

 日本共産党の田村貴昭議員は5月8日の衆院農林水産委員会で、日米貿易交渉をめぐり、日本の畜産業が重大な被害を受ける危険について質問しました。 (質問動画はコチラ)  田村氏は、4月の日米首脳会談でトランプ米大統領が日本の農産物の関税を「撤廃したい」と迫ったことは重大だと指摘。話し合われた内容に関する情報もなく、国民的議論もないまま合意することなど許さ[記事を表示]

197-衆-農林水産委員会-3号 平成30年11月14日 日米貿易協定について質問 田村貴昭

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 最初に、日米貿易協定について質問をします。 トランプ大統領と安倍首相は、九月に、日米物品貿易協定交渉を新たに開始すると合意しました。 そこで、外務省にお尋ねしますけれども、この協定は、ガット、関税及び貿易に関する一般協定の上ではどういう扱いになるのでしょうか。ガット協定一条では、ある国に与えた関税を下げるな[記事を表示]