森林盗伐

林業「伐りすぎ」懸念 田村氏が盗伐への対応要求 農水委

盗伐問題=15日、農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は5月15日の衆院農林水産委員会で、植栽・再造林をおろそかにした乱伐が進んでいることに林業関係者から「伐(き)りすぎだ」との懸念の声が上がっていることを紹介し、「国有林の持つ公共性、多面的機能の保持が何よりも大事だということを片時も忘れてはならない」と主張しました。 (質問動画はコチラ)  田村氏は、「伐りすぎ」について参考[記事を表示]

大規模な盗伐被害 「補償・取り締まり求めたい」 田村議員調査 鹿児島・出水

森林盗で現地調査②=28日、鹿児島県出水市

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は4月28日、鹿児島県出水市で森林の盗伐被害現場を調査しました。平良行雄県議、中嶋敏子市議が同行しました。 境界100メートル超地点  現場は大規模に伐採され、木の切り口には番号が書かれていました。番号を記入した北薩森林組合によると全部で227あります。  森林所有者は1月上旬、北薩森林組合から伐採されていると[記事を表示]

197-衆-農林水産委員会-13号 平成30年12月11日 宮崎県の盗伐問題について 田村貴昭

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 私は、先月二十一日に宮崎県の盗伐問題を取り上げました。小里副大臣、早速宮崎の国富町に入っていただきまして、ありがとうございました。被害者の方は国の対応に大変期待を持っておられます。 ところが、副大臣、また盗伐事件発生であります。お配りしている資料1をごらんいただきたいと思うんですけれども、見渡すところ数百本、[記事を表示]

森林盗伐 田村衆院議員が現地調査 「金で解決」許せない 宮崎・えびの

宮崎盗伐調査=9日、えびの市

寺所有の杉も大規模伐採  日本共産党の田村貴昭衆院議員は12月9日、宮崎県えびの市を訪れ、森林盗伐被害現場を調査しました。日本共産党の西原政文市議と西原義文市議(功徳会)、遠目塚文美市議(すずらん会)が同行しました。  伐採現場は、道路から死角になるような山の奥の方が違法に伐採されていました。現場では4件の被害があり、山のふもとにある寺が所有する杉も[記事を表示]

森林盗伐対策求める 犯罪行為まかり通る 田村貴昭衆院議員が訴え 農水委

11月21日 田村議員 森林盗伐

 田村貴昭議員は11月21日の衆院農林水産委員会で、森林盗伐問題を取り上げ、宮崎県では2万本以上に被害が拡大する中、警察が被害届を受理しない現状を示し、国に早急な対策を求めました。 (質問動画はコチラ)  田村氏は「誤伐を言い逃れに県内で犯罪行為がまかり通っている」と指摘。スギ200本が切られた同県国富町木脇付近の写真を示し、「地籍調査の境界標が打た[記事を表示]