街頭演説

九州沖縄いっせい宣伝 防災整備訴え 田村・たかせ氏 福岡

いっせい宣伝=11日、小倉南区

 九州・沖縄8県の日本共産党のいっせい宣伝行動が3月11日、取り組まれ、田村貴昭衆院議員が北九州市小倉南区で現職のたかせ菜穂子県議予定候補とともに朝宣伝をしました。  東日本大震災から8年にあたる節目の日。田村氏は被災者の生活、生業(なりわい)再建が進んでいないとして被災者生活再建支援法の抜本拡充をと語りました。脱原発の世論、市民の集会を紹介して原発再[記事を表示]

2019統一地方選 県議確保、市議2増を 熊本市で全県集中行動

熊本集中行動

 29日の告示(4月7日投票)まで1カ月を切った県議選と政令市議選の必勝をめざし、日本共産党熊本県委員会は3月2日、熊本市で「全県集中行動」に取り組みました。県議選熊本市第1選挙区(定数12)での山本のぶひろ県議候補=現=の議席絶対確保と、熊本市議選で2増の5議席をめざし終日、街頭宣伝や電話などでの対話を繰り広げました。  午前2時にまでおよんだ国会か[記事を表示]

挑戦 初の複数、議席回復 2町議選 田村氏が応援 熊本甲佐・益城

甲佐・益城で演説会=26日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は1月26日、2月12日告示(17日投票)の熊本県甲佐町議選(定数12)で、党初の2議席獲得に挑む、佐野安春=現=、井芹しま子=元=の両予定候補の応援に駆けつけ、町議選は統一地方選、参院選での党躍進への前哨戦、「党議員の倍加で町政の流れを変えよう」と訴えました。  田村議員は、安倍政権の暴走を厳しく批判。相次ぐ自然災害にも[記事を表示]

連続選挙へダッシュ 九州沖縄各地でいっせい宣伝

九沖宣伝=15日、門司区

 連続選挙の勝利に向け、1月からダッシュしようと九州・沖縄8県の日本共産党は1月15日を中心に、各地で「第10回九州・沖縄いっせい宣伝行動」を取り組みました。  北九州市門司区では、日本共産党の田村貴昭衆院議員を先頭に朝宣伝をしました。高橋都市議らとともに、日本共産党が推薦する、ながた浩一市長候補の政策と安倍政権打 倒をメガホンで訴えました。 [記事を表示]

連続選挙勝とう 共産党が新春宣伝 暴走政治を終わらせる 福岡

49251685_1963965877239834_1678259402919903232_n

 日本共産党の仁比そうへい参院議員、田村貴昭衆院議員と北九州市内の4必勝区の県議予定候補は1月4日、党北九州市議団とともに同市小倉北区の市役所前で新春宣伝をしました。  たかせ菜穂子、山口りつ子、大石正信、いとう淳一各県議予定候補らが、「今年は参院選、統一地方選の年。日本共産党は暴走政治を終わらせ、地方自治の前進、住民要求実現のため全力でたたかいます」[記事を表示]