自由貿易協定(TPP・EPA・FTA)

TPPに批判と懸念噴出 “農業に打撃 食の安全に不安” 北海道・宮崎で地方公聴会

1477469990754_001

 環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案を審議している衆院TPP特別委員会は26日、札幌市と宮崎県高千穂町で地方公聴会を開きました。公述人からは農業への影響を危ぶむ声や慎重審議を求める意見が続出しました。日本共産党から札幌市では畠山和也議員が、高千穂町では田村貴昭議員が質問しました。 (議事録はコチラ)  札幌市の公聴会では、[記事を表示]

192-衆-環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会(TPP特別委員会) TPPに批判と懸念噴出 “農業に打撃 食の安全に不安” 宮崎で地方公聴会

1477469963751_001

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。  意見陳述者の皆さん、きょうはどうもありがとうございます。  私は、北九州です。国会との往復はほとんど飛行機です。飛行機に乗ってあちこち行くわけなんですけれども、窓から下を見おろしたときに見える景色というのは、いつもやはり感動します。それはやはり、この国の国土を形成しているのは山であり、川であり、田んぼであり[記事を表示]

TPP批准ストップ 残業代ゼロ法案に反対 臨時国会で共同行動 田村議員あいさつ

DSCN2313

 今国会の最大の焦点の環太平洋連携協定(TPP)の批准阻止、残業代ゼロ法案反対などを掲げた秋の臨時国会での共同行動が18日、国会議員会館前で始まりました。共同行動は、19日もおこないます。  午前10時から、衆院第2議員会館前で座り込みを開始し、昼集会や終結集会のたびごとに「くらしを壊すTPPはいらないぞ」などと、国会にむけてこぶしをつきあげま[記事を表示]

TPP参加の影響不安 宮崎 田村貴昭・真島氏ら調査

20151211020584

 日本共産党の田村貴昭、真島省三両衆院議員は12月11日、前屋敷恵美、来住一人両宮崎県議とともに宮崎県都城市で、環太平洋連携協定(TPP)に参加した際の影響などについて調査しました。  宮崎県南部酪農業協同組合では、現役の酪農家でもある今山努組合長から「高齢化で小規模酪農家の離農が相次いでいる」などの現状を聞き取りました。 [記事を表示]