災害・復興

栄養ある温かい食事を 田村議員ら被災調査 佐賀・武雄

IMG_7578

 大雨と河川の氾濫で大規模浸水した佐賀県武雄市北方町で1日、日本共産党「九州北部大雨災害対策本部」の田村貴昭事務局長・衆院議員、仁比聡平前参院議員、真島省三前衆院議員、井上祐輔県議が被災者から状況を聞き取りました。  県によると、同市の床上浸水は522軒、床下浸水は329軒で継続集計中です。5カ所の避難所に38世帯87人、うち同町3カ所に31世帯78人[記事を表示]

油流出、避難長期化も 大町町長と田村・仁比氏懇談 佐賀

DSC03570

 日本共産党の「九州北部大雨災害対策本部」の田村貴昭事務局長・衆院議員、仁比聡平前参院議員、地方議員らは8月31日、記録的大雨で大きな被害の出た佐賀県大町(おおまち)町を調査しました。被災者を見舞うとともに、要望を聞き、被害状況の把握に努めました。  同町の被害は、県が把握しているだけで29日正午現在、床上浸水58軒、床下浸水143軒。鉄工所から大量の[記事を表示]

九州大雨 田村議員が佐賀県で被害調査 住民から要望聞く

佐賀水害調査=28日 (2)

 九州北部が記録的な大雨に襲われる中、日本共産党の「九州北部大雨災害対策本部」の田村貴昭事務局長・衆院議員は8月28、29の両日、佐賀県で被害の実態を調査しました。 28日に佐賀市に駆け付けた田村氏は、武藤明美県議、中山重俊市議らとともに冠水した飲食店街などを訪ねました。エアコンの室外機が流され、スナックの床のじゅうたんが水浸しとなっていました。焼き鳥[記事を表示]

九州北部大雨 3県一時特別警報 今後も警戒必要

佐賀水害調査=28日 (1)

 九州北部では8月28日、日本海に延びる前線の影響で猛烈な雨が降りました。気象庁は同日午前5時50分に福岡、佐賀、長崎各県に対し大雨特別警報を発表、土砂災害や河川の氾濫などに最大級の警戒を呼び掛けました。  佐賀県では28日の明け方に1時間雨量が110~120ミリとの記録的短時間大雨情報が相次いで出されました。長崎市内では午前2時5分までの1時間に92[記事を表示]

九州北部大雨 共産党が対策本部

日本共産党国会議員団は8月28日、福岡、佐賀、長崎各県を襲った大雨被害の拡大に伴い、「九州北部大雨災害対策本部」を設置し、直ちに情報収集と救援活動を開始しました。同本部の体制は次の通りです。(しんぶん赤旗 2019年8月29日)  本部長 小池晃書記局長・参院議員  副本部長 赤嶺政賢、穀田恵二、高橋千鶴子各衆院議員、井上哲士、武田良介両参院議員[記事を表示]