災害・復興

台風19号 共産党救援募金訴え 田村議員呼びかけ 北九州・長崎

kyuuuennbokin

 台風19号による大きな被害を受け、日本共産党の田村貴昭衆院議員は10月14日に長崎市、15日朝には北九州市の街頭で「九州からの義援金で被災地を励ましましょう」と募金を呼びかけました。長崎市では、多くの人が足を止めて募金。日本共産党の内田隆英、大石史生両市議も訴えました。  田村氏は、現在の政府の被災者への支援策では全壊世帯に300万円しか支給されず、[記事を表示]

大雨影響で油流出 キュウリが全滅 田村議員が被害調査 佐賀

oomatimati

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は9月21日、記録的な大雨(8月28日)で佐賀鉄工所から油が流出した佐賀県大町町で、農家などを訪ね、被害調査をしました。 キュウリのハウス栽培を家族で営む男性(70)はビニールハウスを7棟もち、年間約60トンを出荷します。ハウスからは鉄工所を目視できる距離で、油が流れ込んだといいます。被害額はハウスだけでも2000万円以上[記事を表示]

台風15号 千葉・八街、香取 ハウス倒壊 被害甚大 農家「再建に補助を」/紙・田村・さいとう氏ら調査

台風被害調査 千葉県

 日本共産党の台風15号災害対策本部と農林・漁民局は9月18日、千葉県八街(やちまた)市と香取市に入り、農業の被害を合同調査しました。八街市の北村新司市長、香取市の大堀常昭副市長との懇談も行いました。  同本部の田村貴昭副本部長・衆院議員、さいとう和子事務局長代理・前衆院議員、農林・漁民局の紙智子局長・参院議員が調査。農民運動千葉県連合会の森吉秀樹事務[記事を表示]

台風被害 閉会中審査を 野党が早期開催要求

 衆院災害対策特別委員会は9月17日、理事懇談会を開きました。野党は、千葉県で大規模な停電が続くなど、台風15号の被害が出ていることを受けて、閉会中審査や現地視察を早期に行うよう強く求めました。望月義夫委員長(自民)は、与野党理事と協議すると述べました。  日本共産党の田村貴昭議員は「災害救助法の全面的活用が必要だ。長期に電気が通じない異常事態であり、[記事を表示]

九州北部大雨 油流入の住宅“全壊に” 各省に田村貴昭議員ら聞き取り

九州北部大雨災害 各省庁へ要請

 日本共産党国会議員団の「九州北部大雨災害対策本部」(小池晃本部長)は9月13日、九州北部の大雨災害の被害救済策について、内閣府や農林水産省などに聞き取り調査と要請をしました。事務局長の田村貴昭衆院議員、真島省三前衆院議員らが出席しました。  大雨で冠水した鉄工所から油が流出した佐賀県大町町について内閣府は、油が流入した住宅は「おおむね全壊か大規模半壊[記事を表示]