災害・復興・被災者支援

熊本豪雨二次災害懸念広がる 石綿屋根材を多数確認 「市は至急撤去を」 田村衆院議員・まじま氏ら

アスベストを含んだ屋根材を確認する(左から)田村、まじまの両氏ら=22日、熊本県人吉市

 熊本県南部地域を中心にした豪雨災害では、危険物の漂着などによる二次災害への懸念も広がっています。日本共産党の田村貴昭衆院議員、まじま省三前衆院議員らが7月22日に取り組んだ調査で明らかになりました。  球磨川の氾濫で床上浸水した人吉市の男性(70)の家屋に漂着したがれきにはアスベストを含む屋根材が含まれていました。  田村氏は、ブルーシートで覆[記事を表示]

「鉄道は地域の財産」 田村・まじま氏が被災地調査 熊本

鉄道被害調査

 一連の豪雨で甚大な被害が発生し、不通が続く熊本県の「肥薩おれんじ鉄道」と、「くま川鉄道」の現状を調査しようと7月22日、日本共産党の田村貴昭衆院議員、まじま省三前衆院議員が同県芦北町と同人吉市の被災現場を調査し、鉄道側から要望を聞きました。  おれんじ鉄道は、大規模土砂崩れなど45カ所以上で被災し約400人の高校生らに影響。くま川鉄道では、球磨川の氾[記事を表示]

支援は地域差なく 田村貴昭氏が要求 衆参災害特理事懇

115788768_2529602640476042_1314082930616822795_o

 衆参の災害対策特別委員会は7月21日、それぞれ理事懇談会を開き、各地に甚大な被害をもたらしている豪雨災害の被害の状況と政府の対応について、内閣府などから報告を受けました。  衆院の理事懇で、日本共産党の田村貴昭議員は、今回の災害は新型コロナと豪雨による二重の打撃となっていると指摘。「被災事業者は休業が明けて、『さあ、これから』というときに豪雨災害にあ[記事を表示]

大雨被害 車庫が流失 罹災証明、党市議と解決 田村議員が調査 福岡・大牟田

吉田さん(左手前)から被害を聞く(向かって右から)田村、高瀬、崎山の各氏=20日、福岡県大牟田市歴木

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月20日、福岡県大牟田市で記録的大雨の被害を高瀬菜穂子県議、崎山恵子市議とともに調査しました。  歴木(くぬぎ)地区では氾濫した堂面川を調査。自宅横の護岸が崩れた女性(67)は、「いつ崩れるか不安で家に戻っていいものか悩んでいる」と打ち明けました。市営住宅の緊急入居にも申し込みましたが引っ越しやエアコン設置の費用がかか[記事を表示]

九州沖縄いっせい宣伝 「二重の災禍 政治変えるとき」 田村衆院議員ら訴え 福岡

DSC09822 (2)

 九州・沖縄ブロック8県の日本共産党は7月20日、いっせい宣伝を行いました。田村貴昭衆院議員が福岡市、北九州市で訴えました。(宣伝動画はコチラ)  福岡市のJR博多駅前では、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補(福岡9区重複)、仁比聡平前参院議員らとともに、北九州市のJR城野(じょうの)駅前では、高瀬菜穂子県議、藤沢加代市議らとともに宣伝しまし[記事を表示]