国政報告・学習会・集会

減税こそ希望がある 全商連決起集会で田村氏が講演 福岡

 九州・沖縄の全国商工団体連合会・地方別新春決起集会が1月19日、福岡市で開かれました。282人が参加する中、日本共産党の田村貴昭衆院議員が講演、消費税5%減税への展望を語りました。  田村氏は、消費税増税による消費の低迷や中小業者への打撃を指摘し、5%減税と富裕層、大企業に応分の負担を求める政策が野党連合政権実現への大きな力になるとのべ、 「消費税増[記事を表示]

各地で新春のつどい 市議選勝利をめざし 鹿児島

20200106040519

 鹿児島県の日本共産党と後援会は1月5日、第28回党大会の成功と大運動の目標達成、4月に行われる鹿児島市議選の勝利をめざし、田村貴昭衆院議員を迎えて、新春決起集会を開きました。110人が参加しました。  現職の大園たつや、園山えり、たてやま清隆各市議予定候補の3議席確保への支援を訴え。「鹿児島市議選での勝利を、総選挙での野党の躍進、野党連合政権の樹立に[記事を表示]

訴え共感「赤旗」購読 田村議員の国政報告会 長崎市

長崎国政報告会

 日本共産党長崎県委員会は12月14日、田村貴昭衆院議員を迎え、緊急国政報告会を長崎市で開きました。報告会後には市内で街頭演説も行い、訴えを聞いた女性が「しんぶん赤旗」日曜版を購読するなど反響が寄せられました。  「桜を見る会」疑惑についてスライドで詳細に解説した田村氏は「公的行事の私物化、税金による有権者への買収が疑われる大問題だ」と指摘。田村智子参[記事を表示]

乱開発〝待った〟ご一緒に 田村、真島氏が国会報告 福岡・飯塚

乱開発〝待った〟ご一緒に

 大規模太陽光発電の乱開発に住民が怒りの声をあげている福岡県飯塚市で田村貴昭衆院議員は12月8日、真島省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補、川上直喜市議と問題を取り上げた国会質問を報告しました。  現地白旗山のふもとの公民館に住民約60人が集まり立ち見も出るなか、田村氏は、メガソーラー開発に当たって国から「住民合意」や「地域の理解」を重視する答弁を引[記事を表示]

災害支援改善へ交流 災対連など全国集会 神戸

全国災害対策全国交流会

 「阪神・淡路大震災の教訓から学ぶ防災・減災」をテーマに、災害対策全国交流集会が11月24日、神戸市内で始まりました。全国災対連など7団体でつくる実行委員会が主催し、2日間の日程です。  主催者あいさつでは、全国災対連の小田川義和代表世話人が「くり返される災害で明らかになっている問題、被災者支援の質の改善を求める取り組みを共有し、全国的な運動につなげて[記事を表示]