宣伝・選挙(国政・地方)

総選挙へダッシュ 各地で宣伝  国民本位の政治に 田村・仁比氏 福岡

 日本共産党の田村貴昭衆院議員、仁比聡平前参院議員は1月1日、北九州市小倉北区の八坂神社前で新春宣伝をし、参拝客と年始のあいさつを交わしました。高瀬菜穂子県議と出口成信市議も参加。地域の党員らとともに「『桜を見る会』税金私物化の安倍政権は退陣を」の横断幕を広げ「通常国会冒頭から追及に全力を挙げます」「今年こそ野党共闘で安倍政権を倒しましょう」と訴えました。 [記事を表示]

「桜」 正月過ぎても忘れない 市民連合と野党代表が宣伝 福岡

市民連合ふくおか=29日

 「『桜を見る会』正月過ぎても忘れません」――市民連合ふくおかは12月29日、帰省客や買い物客でにぎわう福岡市の繁華街・天神で街頭宣伝をしました。参加者は100人を超え、野党各党の代表らが安倍政権の「桜を見る会」私物化をはじめとする数々の疑惑の徹底追及を訴えました。  市民連合ふくおかの後藤富和弁護士は「(問題を通じ)私たちに問われているのは、このまま[記事を表示]

安倍政権退陣させよう 九州・沖縄いっせい宣伝/国民を愚弄するな 北九州、福岡市

九沖いっせい宣伝 16日

 日本共産党の九州・沖縄いっせい宣伝が12月16日に行われ、北九州市のJR小倉駅前では田村貴昭衆院議員が出口成信市議らとともに訴えました。  田村氏は、日本共産党の志位和夫委員長と立憲民主党の枝野幸男代表が15日夜に会談し、安倍政権を倒し政権を代え、立憲主義を取り戻すことなどで合意したことを紹介。「暴走を重ねる安倍政権を退場に追い込みましょう」と呼びか[記事を表示]

逃げ切り許さぬ 田村衆院議員が「桜」追及訴え 福岡市

博多駅前宣伝 田村議員=10日

 臨時国会の閉会から1夜明けた12月10日、日本共産党の田村貴昭衆院議員は、福岡市のJR博多駅前で朝宣伝をし「桜を見る会」疑惑の「逃げ切り」を絶対に許さないと訴えました。臨時国会を通じて野党共闘が前進したことを紹介し、共闘を進める日本共産党への支持を呼びかけました。  田村氏は、「桜を見る会」での野党共同追及本部の活動や自身の調査を紹介。「国会閉会中の[記事を表示]

現職2候補が第一声 鹿児島・南九州市議選 田村氏が応援

内園候補(左)への支援を訴える田村議員(右)=8日、鹿児島県南九州市

 12月8日告示(15日投開票)された鹿児島県南九州市議選で、日本共産党の田村貴昭衆院議員は内園ちえ子、大倉野ゆみ子の両現職候補の出発式に駆けつけ、支援を訴えました。定数20に有力22人が立候補。誰が落ちてもおかしくない大激戦となっています。  田村議員は「桜を見る会」をはじめ、安倍政権の政治の私物化、消費税10%増税に国民の怒りが広が[記事を表示]