災害・復興

土石流対策が必要 田村衆院議員ら調査 北九州

36770235_1805710429509381_4100561567056134144_n

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月7日、記録的な豪雨により土砂災害が発生した北九州市小倉北区の被災状況を調査しました。  急傾斜地で土石流が発生した妙見町の住宅地では、水路や生活道路が崩壊し、複数の箇所で陥没による穴も確認されました。町内会長は「山の中腹には福岡県が管理する砂防ダムがある。これまで何度も側溝に詰まった土砂を取り除く工事を県に求めていた[記事を表示]

土砂が道路寸断 田村衆院議員ら調査 北九州

20180706門司区奥田

 日本共産党の田村貴昭衆院議員と高瀬菜穂子・福岡県議団長は7月6日、豪雨による河川の増水や土砂崩れが発生した北九州市内の状況を調査しました。  被害の拡大に警戒を呼び掛けている同市は、土砂災害や河川氾濫の危険性が高い市内の全世帯に避難指示を出しました。  両氏は、一時的に氾濫危険水位を超えた小倉南区の紫川流域で状況を確認し、複数の箇所で土砂崩れが[記事を表示]

九州北部豪雨1年 「早く戻りたい」避難者口々 仁比・田村・真島氏ら調査 福岡

LRG_DSC06871

 九州北部豪雨から5日で1年となるのを前に、日本共産党の仁比そうへい参院議員、田村貴昭衆院議員は7月2日、福岡県朝倉市と東峰村を訪ね、首長や区長らからコミュニティーの再建に向けた課題を聞き取りました。かわの祥子参院福岡選挙区予定候補、真島省三前衆院議員、高瀬菜穂子、山口律子両県議が参加しました。  豪雨で多くの住民が避難生活を送る朝倉市の寒水(そうず)[記事を表示]

大阪北部地震 一部損壊へ支援を 党国会議員団が防災相に申し入れ

大阪地震 国会議員団が申し入れ

 日本共産党国会議員団は6月29日、大阪北部地震の被災者への支援と全国的な防災対策の抜本強化を求め、小此木八郎防災担当相に申し入れしました。  山下芳生副委員長(党大阪北部地震対策本部長)、穀田恵二、宮本岳志、田村貴昭の各衆院議員、辰巳孝太郎、武田良介の両参院議員が出席しました。  山下氏は、住宅被害の99・8%が一部損壊だと指摘。「『一部』と言[記事を表示]

大阪北部地震 河川増水に不安の声 宮本、田村両衆院議員ら調査

淀川の堤防を調査する(右2人目から)宮本、宮原、田村の各議員と強田純子、中村玲子両市議=22日、高槻市

 大阪府北部を中心とした地震について、日本共産党の宮本岳志、田村貴昭両衆院議員は6月22日、宮原威府議、高槻市議団とともに、地震で被害を受けた淀川の堤防や高槻市の住宅、小学校の外壁などを調査しました。  国交省近畿地方整備局淀川河川事務所によると、河川は淀川水系11カ所で亀裂など堤防の被災を確認し、補修を開始します。  現場を確認した宮本議員は「[記事を表示]