災害・復興

被災地の自治体職員 メンタルヘルス対策継続 田村貴昭議員に総務省が答弁

P2230124

 総務省は23日の衆院総務委員会で、東日本大震災の被災地自治体職員に対するメンタルヘルス対策事業を2016年度以降も5年間、継続していくことを表明しました。日本共産党の田村貴昭議員への答弁です。 (質問動画はコチラ) (議事録はコチラ)  同対策事業は、これまで地方公務員災害補償基金を通じて実施され、基金に対する自治体の特別負担金について[記事を表示]

大雪で名産ビワ被害 長崎 田村衆院議員らが調査

2016021106461

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は2月11日、長崎市茂木町の大崎地区を訪れ、長崎の名産品・ビワの寒害被害を調査しました。原口敏彦参院長崎選挙区予定候補、堀江ひとみ県議、内田隆英市議らが同行しました。  一行は、ビワ農家の山崎繁義さん、野口和雄さんに寒害被害を受けたビワを見せてもらい、話を聞きました。  「今年はエルニーニョ現象で暖か[記事を表示]

実態に合う対策必要 党国会議員団が鹿児島・桜島を調査

20151128_691139

日本共産党国会議員団は11月26、27の両日、鹿児島市の楼島の火山爆発対策について現地調査をしました。調査には仁比聡平参院議員、大平喜信、堀内照文、田村貴昭、真島省三の各衆院議員、いせだ良子参院比例候補らが参加しました。 今回の調査は、桜島火山活動対策協議会(鹿児島市、垂水市、霧島市、鹿屋市の各自治体、議会で構成)が10月20日の国会要請で、各[記事を表示]

口永良部島民の生活・就労・情報… 国は寄り添う支援を

20150709_1121346

田村・真島・仁比議員が要求 日本共産党の田村貴昭、真島省三の両衆院議員と仁比聡平参院議員は7月7日、鹿児島県・口永良部島の新岳噴火による避難島民の生活実態や要望を関係省庁に伝え、実情に応じた支援に力を尽くすよう求めました。要望は現地調査をふまえたもの。 田村氏と真島氏は、避難先の屋久島は多雨多湿地域で、子どものいる世帯はコインランドリーの[記事を表示]

口永良部噴火 島民に安心・支援を 田村・真島議員ら 副町長と懇談

20150707_1119752

鹿児島県屋久島町の口永良部(くちのえらぶ)島・新岳の噴火にともなう全島避難の現状について調査に入った、日本共産党の田村貴昭、真島省三両衆院議員と、まつざき真琴鹿児島県議は7月6日、渡辺博之党町議とともに屋久島町役場を訪れ、岩川浩一副町長と懇談しました。 岩川副町長は7日の一時帰島に向けた島民への説明と準備を進めていると紹介。「島の様子を見れば、少し[記事を表示]