災害・復興

189-衆-災害対策特別委員会 住宅の確保は急務 口永良部島噴火 田村貴昭氏が強調

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 鹿児島県口永良部島の火山噴火で避難生活を送られている島民の皆さんに心からお見舞いを申し上げます。また、災害対応、そして避難対策に当たられている関係者の皆さんに敬意をあらわしたいというふうに思います。一日も早い火山活動の終息、そして島での生活再開を願いまして、災害対応と被災者の支援について質問をさせていただき[記事を表示]

住宅の確保は急務 口永良部島噴火 田村貴昭氏が強調

20150605

 日本共産党の田村貴昭議員は6月4日の衆院災害対策特別委員会で、鹿児島県・口永良部島(屋久島町)の新岳噴火について、噴火翌日に仁比聡平参院議員と行った現地調査をふまえて質問し、避難者の実態に応じた支援を求めました。 (質問動画はコチラ)(議事録はコチラ) 田村氏は「避難場所や生活状況をつかむのが今後の支援対策の基本だ」と指摘。内閣府の日原洋文政策統括官は[記事を表示]

口永良部島の新岳噴火 住民の要望伝える 内閣府などに 党国会議員「緊急に対策を」

20150602_1090488_t

日本共産党の仁比聡平参院議員、大平喜信、田村貴昭、堀内照文、真島省三の各衆院議員は6月1日、国会内で、緊急に内閣府と気象庁の担当者に対し、口永良部島の新岳噴火による避難住民の要望を伝え、必要な対策をとるよう要請しました。 要請は、噴火翌日の5月30日に仁比、田村両氏や党県議・町議が屋久島で実施した避難住民への聞き取り調査で把握した要望事項に基づいて[記事を表示]

非常勤職員の救済を 災害補償 田村貴昭氏が主張

20150529_592185

 日本共産党の田村貴昭議員は5月19日の衆院総務委員会で、東日本大震災で被災した非常勤職員の災害補償にある格差について質問しました。 (質問動画はコチラ)(議事録はコチラ)  大震災により死亡または行方不明となった地方公務員のうち、常勤職員についてはほとんどが特殊公務災害と認定されました。非常勤職員は、条例に規定がないため公務災害の認定のみとなり、格[記事を表示]