宣伝・選挙(国政・地方)

全国最下位の最賃 合原統一候補で上げよう 鹿児島で4野党合同演説

DSC_2052

 参院鹿児島選挙区の野党統一候補、合原ちひろ氏の必勝をと、ALLかごしまの会は7月16日夕、県内4野党の合同街頭演説を行いました。日本共産党の田村貴昭衆院議員、立憲民主党の川内博史衆院議員、国民民主党県連の藤田太一代表、社民党県連合の北森孝男代表が当選に全力をつくすと決意をのべました。  合原候補は「安心して老後が送れる年金制度を。全国最下位の鹿児島県[記事を表示]

「あきらめないで」 あべ統一候補で政治転換 熊本で訴え

DSC_1064

 参院熊本選挙区で激戦を繰り広げる市民野党統一の、あべ広美候補(無所属)は7月14日、熊本市内をめぐり、訴えました。  アーケード街では市民や後援会メンバーらに飛び入りの若者も加わり300人が「くらしに届く政治へ」とアピールしました。  あべ候補は、消費税が上がっても、くらしが苦しくても「しょうがないとあきらめてはいけない」と訴え。政治を変えるた[記事を表示]

安倍政権さよならを 田村貴昭議員ら街頭演説 山口

DSC_6922

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月10日夕、山口県宇部市で住寄聡美参院比例候補と街頭演説しました。 強い風雨の中「『比例は日本共産党』と広げ、仁比そうへい候補をはじめ7人以上を押し上げ、選挙区では大内一也野党統一候補の勝利で、平和と暮らしを壊す安倍政権さよならの声を首相の地元から突き付けよう」(田村氏)などと熱く訴える両氏に、聴衆から「そうだ」の掛け[記事を表示]

消費税増税止めよう 大分で田村議員駆ける

別府街頭宣伝=6日 (1)

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月6日、大分県別府、宇佐、日田の3市を駆け、街頭や決起集会で訴えました。  猿渡久子県議、平野文活、美馬恭子両市議らとともに行った別府市内4ヵ所での街頭演説では走る比例カーに手を振っての声援が相次ぎ、聴衆から「2000万円はないが1票は持ってるぞ」などの声がかかりました。  田村氏は消費税増税阻止、「減らない年金[記事を表示]

野党共闘を支える党 田村衆院議員が大分・熊本で訴え 

労働者学習決起集会=30日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月30日、別府市での党演説会、大分市での労働者後援会学習決起集会や街頭から訴えました。  大分市繁華街では堤栄三県議や後援会員らと宣伝。「安倍政治許さずの思いは野党統一の、あだちきよし予定候補へ。比例選挙では野党共闘に頑張り、安倍政権退場を訴え筋を通して頑張る共産党の議席を大きく伸ばしてほしい」と力を込めました。 [記事を表示]