宣伝・選挙(国政・地方)

「比例は共産」大行動 統一候補必勝も 田村衆院議員・まつざき 比例予定候補 鹿児島

鹿児島市で街頭宣伝=23日

 日本共産党のまつざき真琴参院比例予定候補の地元、鹿児島市吉野町で6月23日、田村貴昭衆院議員を迎えて、声の宣伝や対話、「担い手」を広げる大行動に取り組みました。吉野支部をはじめ13支部から37人が参加し、宣伝カー4台で40力所で街頭演説。226人と対話しました。  まつざき氏は、大企業や富裕層から中小企業並みの税負担を求め、アメリカへの「思いやり予算[記事を表示]

安倍退陣・改憲許さぬ 市民と野党力合わせ19日行動 福岡

DSC07716

 安保法制が強行された19日(2015年9月)にあわせ、市民と野党の共闘で参院選を勝利し憲法改悪を阻止しようと、市民団体による街頭演説が6月19日、福岡市天神で行われました。約200人が集まり、各野党の代表がスピーチしました。九条の会福岡県連絡会、市民連合ふくおか、県総がかり実行委員会の共催です。  県総がかり実行委員会の青柳行信代表は、安倍政権が憲法[記事を表示]

筋通す共産党頑張れ 田村衆院議員が国政報告・宣伝 長崎

国政報告会=長崎市

 日本共産党長崎県・南部地区委員会は6月16日、長崎市で田村貴昭衆院議員を迎え、参院選勝利に向けた国政報告会と街頭宣伝を行いました。会場は参加者でいっぱいになりました。  田村氏は、今話題の年金改革問題や消費税増税について詳しく解明。共産党の希望の持てる政治の「三つの提案」を紹介しました。訴えれば響く情勢だと述べ、参院選では比例選挙で7議席を必ず押し上[記事を表示]

原発なくそう金曜行動 再エネ転換訴え田村議員も参加 北九州

さよなら原発北九州行動=14日

 北九州市の「さよなら原発!北九州連絡会」は6月14日、小倉駅前で原発いらない金曜行動に取り組みました。2012年7月から毎週続け、この日は350回目。95人が参加し、日本共産党の田村貴昭衆院議員、高瀬菜穂子県議も駆け付けました。  病院職員らがリレートークで原発ゼロ、再生可能エネルギーへの転換を訴えました。オーストリア人の男性が「私の国には原発ありま[記事を表示]

参院選勝利へ 九州沖縄一斉宣伝

朝宣伝をする(右から)田村氏、かわの候補=10日、北九州市

 目前に迫る参院選を必ず勝利しようと、九州・沖縄8県の日本共産党は6月10日、県内各地でいっせい宣伝を行いました。  北九州市では、田村貴昭衆院議員、かわの祥子参院福岡選挙区候補がJR小倉駅前で地域の党員17人とともに朝宣伝をし、日本共産党への支持を訴えました。  田村氏は、老後の年金不足を口実に資産形成を促す金融庁報告書問題について、年収200[記事を表示]