あいさつ・激励・懇談

日田彦山線復旧へ連帯 国労大会で田村衆院議員があいさつ 福岡

DSC08402

国鉄労働組合九州本部第35回定期大会が8月29日、福岡市内で開かれ、日本共産党の田村貴昭衆院議員があいさつしました。  千々岩隆委員長は、JR九州の駅無人化や人員削減などにより安全安定輸送が脅かされているとのべ、「合理化」反対を表明しました。春闘勝利や組織拡大強化を訴えました。安倍政権の暴走や憲法改悪の方針を批判。「ナショナルセンターや産別を超え、政権[記事を表示]

共産党議員ら見舞い 長崎原爆病院など

長崎原爆病院③

 長崎原爆の日を前に、日本共産党の田村貴昭、本村伸子両衆院議員、山添拓参院議員、真島省三前衆院議員と堀江ひとみ長崎県議は8月8日、恵の丘長崎原爆ホームと日赤長崎原爆病院を訪れ、被爆者を見舞いました。  350人が入所する恵の丘長崎原爆ホームでは、約100人の入所者と職員らが拍手と歌で出迎え。入所者の女性(83)があいさつし、「74年たった今でも、あの日[記事を表示]

産直運動の新展開へ 農民連ふるさとネットが総会

農民連ふるさとねっとわーく=26日

 農民運動全国連合会(農民連)の産直組織「農民連ふるさとネットワーク」は7月26日、東京都内で第16回総会を開き、農家・農業切り捨ての自民農政と対峙(たいじ)し、産直運動の新たな展開をめざす方針を確認しました。  根本敬代表は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)や「家族農業の10年」の動きを紹介。「大量の農薬や化学肥料を使用する大規模化より、小規模・[記事を表示]

家族農業守る農政を 田村衆院議員がJAと懇談 福岡

JA福岡と懇談=2日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月1日、JA福岡中央会を訪ねて役員らと懇談しました。  田村氏は、日米首脳会談で安倍首相とトランプ大統領が農産物輸入自由化について密約を交わしたのではとされる問題について、「参院選でも大争点になる。食料主権から遠のくやり方はやめるべきだ」と述べました。種子法復活など農林水産委員会での自身の国会質問について報告しました。[記事を表示]

「亡国の農政」を転換 参院選へ 農民連が全国代表者会議

農民連代表者会議=13日

 農民運動全国連合会(農民連)は6月13日、東京都内で全国代表者会議を開きました。日米自由貿易協定(FTA)交渉阻止や消費税10%増税中止、夏の参院選へ向けたたたかいを呼びかけました。  あいさつした笹渡義夫会長は、大規模輸入を進めながら大企業の利益を最優先させ、家族農業を破壊する「安倍農政」は、小規模・家族農業を大切にする「世界の流れと逆行している」[記事を表示]