脱原発

川内原発 再稼働させない 鹿児島に7500人集う

 川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)を「全国の原発再稼働の『突破口』にさせない」と9月28日、鹿児島市に7500人(主催者発表)が集まり、「ストップ川内原発再稼働!全国集会」が開かれました。福島原発事故後では、県内最大規模。集会後は「再稼働反対」「未来を守ろう」の唱和を響かせ、パレードしました。 主催した「ストップ再稼働3・11鹿児島集会実行委員会」[記事を表示]

鹿児島で川内再稼働反対1800人 「オール九州」声あげる

 「オール九州」のたたかいで原発再稼働を許さないと「原発いらない!九州実行委員会」は8月31日、九州電力川内(せんだい)原発が立地する鹿児島県薩摩川内市で「ストップ川内再稼働! 九州・鹿児島川内行動」を行いました。同市としては最大規模の1800人が参加しました。(動画はコチラ) 「原発やめようえ」「原発ゼロの九州を」のプラカードや横断幕を手にした人たちが九州[記事を表示]

再稼働の突破口にさせぬ 薩摩川内 仲間がこんなにいる

 「全国の原発再稼働の突破口にさせない」と全九州から集まり、原発が立地する鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市から声をあげた8月31日の「川内行動」には、子ども連れの家族から高齢者まで幅広い年代が連帯し、1800人が詰めかけました。九州7県などから13台のバスや新幹線で駆け付け、川内駅前広場は参加者で埋め尽くされました。 「やめて川内原発再稼働!」「原発なし[記事を表示]

原発ゼロ 市民迫る 九電総会会場前で「再稼働ノー」

九州電力総会会場の前で脱原発を訴える市民ら=26日、福岡市 国内の原発が昨年9月15日から「稼働ゼロ」が続いているなか、沖縄電力をのぞく全国の電力9社の株主総会が6月26日、いっせいに開かれ、市民団体などは、会場前などで、「原発なくせ」「再稼働ノー」などと訴えました。 川内(せんだい)原発が全国の再稼働の突破口として狙われている九州電力の株主総会が行なわれた[記事を表示]