環境・水俣・有明海再生・ダム

諫早開門させない「想定問答」 「漁民に対立と分断」 党衆院議員抗議 農水省に開示要求

2017-03-22 15 04 35

 日本共産党の田村貴昭、真島省三、畠山和也の各衆院議員らは13日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)をめぐり、農林水産省が潮受け堤防排水門を開門しない前提で漁業者を説得するための「想定問答」を作成し、地元の漁業団体幹部に配布していた問題について、緊急に国会内で同省に抗議し、資料開示を要求しました。  田村氏は、事実関係をただし[記事を表示]

諫早開門調査求める 衆院委 田村氏 和解待たず対策を

PB211596

 日本共産党の田村貴昭議員は21日の衆院決算行政監視委員会の分科会で、諫早湾干拓事業をめぐる開門差し止め裁判の和解協議に関し、国の姿勢をただしました。 (質問動画はコチラ) (議事録はコチラ)  田村氏は、農水省が計画する「有明海振興基金」について「和解協議が成立しなければ、基金がスタートしない」と説明していることを批判。「有明海再生のた[記事を表示]

192-衆-決算行政監視委員会第三分科会 諫早開門調査求める 衆院委 田村氏 和解待たず対策を

PB211596

○田村(貴)分科員 日本共産党の田村貴昭です。  諫早湾干拓事業をめぐって、開門差しとめ訴訟の和解協議がこの間行われています。長崎地方裁判所は、年内もしくは来年の期日までに国が成案をまとめるようにと区切りをつけています。次回の和解協議は来月、十二月十二日、間近に迫っています。非常に重要な局面だと考えます。  そこで、きょうは、有明海再生と和解協議について[記事を表示]

水俣病犠牲者を追悼 公式確認60年も解決遠く

水俣病の犠牲者を追悼する「水俣病犠牲者慰霊式」=29日、熊本県水俣市

 公式確認から60年を迎えた水俣病の犠牲者を追悼する「水俣病犠牲者慰霊式」が10月29日、熊本県水俣市で開かれました。患者団体などでつくる実行委員会と水俣市の主催です。  水俣病は、加害企業チッソが有機水銀を含む工場排水を海に垂れ流し、住民が汚染された魚介類を多食したことによって健康被害の起きた「公害の原点」といわれています。  多くの被害者が地[記事を表示]