要請・請願・政府交渉

九州北部豪雨災害 生活・生業の支援拡充を 福岡の共産党が省庁要請

関係省庁に九州北部豪雨災害の支援の申し入れ書を渡す日本共産党福岡県委員会と福岡県議団の代表ら=28日、衆院第2議員会館

 日本共産党福岡県委員会と福岡県議団は28日、九州北部豪雨災害について東京都内で関係省庁に申し入れを行いました。生活・生業(なりわい)の再建、地域再生の支援策を拡充し、少なくとも東日本大震災や熊本地震などで行った支援策を適用するよう求めました。  田村貴昭、真島省三両衆院議員、高瀬菜穂子、山口律子両県議、松岡勝衆院比例九州・沖縄ブロック予定候補、田中よ[記事を表示]

オスプレイは漁民脅かす 佐賀の住民らが国に配備撤回要請

佐賀県政府交渉=26日 (7)

 佐賀県の日本共産党と民主団体・労組でつくる「くらしを守る共同行動佐賀県実行委員会」(懸山直之代表)は7月26日、国会内で防衛省に対し、佐賀空港への陸上自衛隊オスプレイ配備計画の撤回を要請しました。仁比聡平参院議員、真島省三、田村貴昭両衆院議員、松岡勝衆院比例予定候補が同席しました。  要請書は、同空港について、県と地元漁協や旧川副町(佐賀市と合併)と[記事を表示]

玄海再稼働許されぬ 佐賀の市民団体が国に要望・交渉

経産省、原子力規制庁に要請する佐賀県の要請団=26日、国会内

 佐賀県の日本共産党と民主団体・労組でつくる「くらしを守る共同行動佐賀県実行委員会」(懸山直之代表)は7月26日、玄海原発や諫早湾干拓事業をめぐる問題など切実な県民要求を取り上げ、国会内で9省庁に対し要望書を提出し、交渉しました。  玄海原発の再稼働問題では、九州電力が「住民説明のチラシ」で「万が一の事故の際においても、放射性物質の排出量は、福島第一原[記事を表示]

熊本地震1年 被災者に寄り添った復旧・復興を いのちネットが政府交渉

政府交渉する「いのちネット」の人たち。(右から)真島、仁比、田村の各議員=4月13日、国会内

 熊本地震(2016年4月14日)発生から1年。被災者に寄りそった復旧・復興を―。熊本県内の労働組合や市民団体、日本共産党でつくる「いのちとくらしを守る熊本ネットワーク」は13日、上京し、国会内で支援策の拡充を求める政府交渉を行いました。  「いのちネット」の政府交渉は3回目。内閣府、厚生労働省、財務省、経済産業省、国土交通省などに事前に要望書を渡し、[記事を表示]

諫早開門させない「想定問答」 「漁民に対立と分断」 党衆院議員抗議 農水省に開示要求

2017-03-22 15 04 35

 日本共産党の田村貴昭、真島省三、畠山和也の各衆院議員らは13日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)をめぐり、農林水産省が潮受け堤防排水門を開門しない前提で漁業者を説得するための「想定問答」を作成し、地元の漁業団体幹部に配布していた問題について、緊急に国会内で同省に抗議し、資料開示を要求しました。  田村氏は、事実関係をただし[記事を表示]