要請・請願・政府交渉

西日本豪雨 復旧支援を 共産党県委など政府交渉 広島・岡山

Screenshot_2019-02-07 しんぶん赤旗電子版 今日の紙面(1)

 昨年7月の西日本豪雨で大きな被害を受けた広島・岡山両県の日本共産党県委員会などは2月6日上京し、被災家屋の復旧や被災者に対する国の支援とともに、決壊した河川の復旧などによる防災・安全対策を求め、関係省庁に要請しました。被災した学校のトイレなどの復旧について文部科学省が、和式のままの「原型復旧」ではなく、洋式への改修も支援に含める柔軟な対応は可能とのべるなど[記事を表示]

馬毛島に米軍いらぬ 女性団体が陳情 赤嶺・田村両衆院議員と懇談

「よめじょの会」の人たち(左側)から陳情書を受け取る(右から)赤嶺、田村両衆院議員=1日、国会内

 米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地となっている馬毛島(鹿児島県西之表市)の買収をめぐり、政府が地権者と売買仮契約を結んだことを受けて、馬毛島の軍事施設化に反対する「よめじょの会」が2月1日、国会内で各党に陳情書を届け懇談しました。日本共産党は赤嶺政賢、田村貴昭両衆院議員が対応しました。  陳情書は、馬毛島の軍事利用に反対し、同島を[記事を表示]

患者負担増ノー 署名16万 保団連が国会提出「健康壊す」

保団連主催の院内集会=1月31日

 全国の医師、歯科医師でつくる全国保険医団体連合会(保団連)は1月31日、患者負担増の中止を求める15万6613人分の署名を国会に提出しました。  安倍政権は75歳以上の医療費窓口負担を原則1割から2割にすることをはじめ、受診ごとに100~500円を窓口負担に上乗せするなど、さまざまな患者負担増を参院選挙後に計画しています。  署名提出集会には医[記事を表示]

馬毛島の購入やめよ 党県委が防衛省要請 鹿児島

20190122_150123

 米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転が狙われている鹿児島県の馬毛島(西之表市)の買収をめぐり、政府が地権者と売買仮契約を結んだことを受け、日本共産党の鹿児島県委員会が1月22日、国会内で防衛省に同島の購入中止を求める要請書を手渡しました。  仁比聡平参院議員、赤嶺政賢、田村貴昭両衆院議員、松崎真琴・鹿児島県議が同席しました。  要請[記事を表示]

家族経営成り立つ政策を 酪農・畜産対策 党国会議員団が要請

吉川貴盛農水相(右)に申し入れする(左へ)田村貴昭、紙智子の両議員=10日、農水省

 日本共産党国会議員団は12月10日、2019年度の畜産政策価格と関連対策の決定にあたって、吉川貴盛農林水産相に申し入れました。田村貴昭衆院議員と紙智子参院議員が参加。畜産政策価格は、農水省が食料・農業・農村政策審議会に諮問し、決定します。  申し入れ内容は、▽加工原料乳生産者補給金を再生産可能な水準まで引き上げること▽生乳の需給調整に国が責任をはたす[記事を表示]