要請・請願・政府交渉

“じん肺動いてくれた党”/長崎・西海市議選12日告示今徳候補を応援/田村、ふちせ候補に声援

 12日告示を迎える長崎県・西海市議選。日本共産党は今徳文雄氏を立て、空白克服、初議席をめざします。今徳候補は4月6日田村貴昭衆院比例候補とともに旧五町、西海市全域を駆け巡りました。 午前、今徳候補の地元である旧崎戸町、旧大島町を中心に宣伝。 今徳候補は、県内のほかの橋と比べても高すぎる大島大橋の通行料の無料化を党として県に申し入れたことを報告。 国保料支払[記事を表示]

雇用守る企業の責任果たさせよう/大企業と米国に物いえる党を/長崎・佐世保 市田書記局長が訴え

 市田忠義書記局長を迎え総選挙勝利をめざす日本共産党の演説会が4月5日、小選挙区候補をたてない長崎4区の佐世保市で開かれました。会場の佐世保市民会館には党の演説会としては三十五年ぶりとなる大勢の人が集まる盛況ぶりでした。 冒頭、北朝鮮のロケット発射問題で党の立場を述べた市田氏は、アメリカいいなり、異常なほどの大企業べったりの自公政治を大本から変え、「国民が主[記事を表示]

市田氏が“派遣切り”のソニー労組員らと懇談/道理はみなさんにある 長崎

 日本共産党の市田忠義書記局長は演説会のため訪れた長崎県佐世保市で派遣切りされ解雇撤回・補償と直接雇用を求めてたたかっているソニー長崎ワールドインテック分会の組合員らと4月5日、懇談しました。組合員ら六人からソニーの工場での労働実態などを聞き取りました。 ソニー長崎ワールドインテック分会の組合員らはソニーのグループ会社・ソニーセミコンダクタ九州(諫早市)で働[記事を表示]

雇用破壊の大企業批判/中小企業応援する党躍進を/佐賀県鳥栖市 市田書記局長訴え

 日本共産党の市田忠義書記局長は4月4日夜、佐賀県鳥栖市の市民文化会館で開かれた演説会で、総選挙の九州・沖縄ブロックでの比例二議席奪還を訴えました。党三役を招いての同市初の演説会。区長、商店街会長をはじめ過去最高の人が集まりました。 冒頭、市田氏は、北朝鮮のロケット発射問題についての党の立場を明快に語りました。そのあと「いまの政治のどこをどう変えればいいのか[記事を表示]

“共産党政策学びたい“/語る集いで大学院生 福岡/田村比例候補総選挙本番並み

 ブロック比例候補として、九州・沖縄を駆け巡る日本共産党の田村貴昭衆院比例候補は4月3日、福岡市城南区、西区、早良区で開催された支部や青年後援会主催の昼夜四つの「つどい」の弁士を務めました。三十分単位で区切られた過密日程で、総選挙勝利に向け「本番並みの活動」(田村候補)です。 この日のつどいで、田村候補がもっとも力を入れて解説したのは、北朝鮮のロケット発射問[記事を表示]