国政報告・学習会・集会

選挙勝利必ず 田村議員迎え決起集会 鹿児島県の党と後援会

党と後援会の新春決起集会=6日、鹿児島②

 鹿児島県の日本共産党と後援会は1月6日、田村貴昭衆院議員を迎えて「新春決起集会」を鹿児島市で開きました。会場いっぱいの170人が参加しました。  田村議員は「切実な県民要求実現のために統一地方選、参院選で必ず勝利をとげて安倍政権を退場に追い込もう」と呼びかけました。  たいらゆきお県議予定候補は、2年半前の県知事選で原発廃炉の政策合意によって三[記事を表示]

市民+野党共闘前進へ 党熊本県委が県党会議

熊本県党会議=24日

 日本共産党熊本県委員会は12月24日、第65回県党会議を熊本市で開き、新しい時代を切り開くために来年の参院選、統一地方選で躍進を果たそうと意思統一しました。会議では2月23日に小池晃書記局長・参院議員を迎える大演説会を成功させようと呼びかけました。  来賓として「熊本から民主主義を!県民の会」の園田昭人会長・弁護士、立憲民主党県連代表の矢上雅義衆院議[記事を表示]

「勉強したい」無償化願う 学費の格差をなくそう 私学助成をすすめる会

 全国私学助成をすすめる会は12月7日、学費の公私格差・自治体間格差の是正を求める集会を衆院第1議員会館で開きました。  私学の学費負担軽減の到達点を報告した同会の共同代表世話人の永島民男さんは、国の就学支援金施行から9年、学費滞納による中退が激減し、私学志向が増え私立生徒は全体の32%に増えたと指摘。しかし、自治体の独自助成・補助のばらつき・格差が大[記事を表示]

増税は生活再建に打撃 田村議員迎え懇談会 熊本

阿蘇懇談会=24日

 熊本県の日本共産党阿蘇支部と党後援会は11月24日、田村貴昭衆院議員を阿蘇市に迎え、「国政・市政懇談会」を開きました。阿蘇市議選(1月20日告示、27日投票)で2期目に挑む現職の竹原祐一予定候補が訴え、児玉智博・小国町議が司会進行しました。  田村氏は、入管法改定で「奴隷労働」といわれるような現行制度を残したまま外国人労働者受け入れを拡大し、漁業法で[記事を表示]

改憲を署名ではね返そう 田村衆院議員が訴え 鹿児島・瀬戸内

参加者に訴える田村議貴=17日、鹿児島県瀬戸内町

 鹿児島県の日本共産党奄美地区委員会は11月17日、田村貴昭衆院議員を迎えて瀬戸内町で演説会を開きました。  田村氏は、安倍政権が狙う、消費税増税や日本一を誇る奄美のクロマグロ養殖に大きな影響を与える漁業法改悪、入管法改定案などの問題を報告。改憲に対し、「『3000万署名』の達成ではね返そう」と訴えました。安倍政権を退陣に追い込むためにも入党をと訴え、[記事を表示]