国政報告・学習会・集会

野党各党が共同で集会 福岡・田川で31年ぶりに

 福岡県の日本共産党田川地区委員会は民主党、社民党と共催で9月5日、戦争法案に反対する集会を田川市内で開き、500人の市民が法案反対の声をあげました。  集会には地域の12団体が賛同。単位労働組合などの呼びかけで青年や教師、親子連れなど多彩な参加者が集まり会場の市役所前広場を埋め尽くしました。田川地区で政党共同の集会を開くのは1984年の国際反戦デー集[記事を表示]

国会論戦伝え運動激励 福岡で田村氏

20150908_646931

日本共産党中央・南地区委員会は9月4日、福岡市で田村貴昭衆院議員を招いて「安倍政権退陣、戦争法案の廃案を目指す国政報告会」を開きました。 田村議員は、自衛隊の暴走を暴露した内部文書など戦争法案をめぐる国会論戦を報告し、「安倍政権の存在自体がこの国の存立危機事態」と批判。法案廃案への共同を訴えるとともに「党を伸ばさなければ日本の平和主義を根底から覆す[記事を表示]

戦争法案 長崎から批判 被爆70年 平和への誓い

20150811_1147494

 長崎は8月9日、被爆70年の原爆の日を迎えました。市主催の平和式典が平和公園で開かれ、被爆者や遺族、市民など6700人(同市発表)が参列し、原爆投下時刻の午前11時2分に黙とうしました。田上富久(たうえとみひさ)市長は「長崎平和宣言」で、戦争法案について「慎重で真摯(しんし)な審議を行う」よう求めました。被爆者代表の谷口稜曄(すみてる)さん(日本原水爆[記事を表示]

『戦争法案廃案は可能』 福岡県弁護士会が集会・行進

20150725_625646

福岡県弁護士会は7月22日、憲法違反の戦争法案を廃案にしようと、福岡市中央区で「市民集会」を開きました。市民をはじめ、市民団体、労組、政党などか ら約700人が参加し、集会後、「アベ政治を許さない」「戦争で 平和?」などのプラカードを手に九州最大の繁華街、天神の街をパレードしました。 斉藤芳朗会長は「安全保障法制という名の戦争立法が承認されたから[記事を表示]

独裁政治ノーの世論広め 北九州市で田村衆院議員

20150721_1129942

 日本共産党の田村責昭衆院議員は18、19の両日、北九州市の党小倉北区後援会で国会報告(19日)を行ったほか、18日の午前と午後に行われた小倉駅前での街頭宣伝に参加しました。  後援会総会で田村氏は、戦争法案を廃案に追い込むため、全力をあげる決意を述べました。  北九州憲法共同センターの街頭宣伝で田村氏は「国民の力と世論で独裁政治をすすめる安[記事を表示]