国政報告・学習会・集会

消費税増税の害を告発 田村衆院議員が報告 佐賀・鹿島

鹿島演説会=23日 (2)

 佐賀県の日本共産党西部地区委員会と鹿島市委員会は2月23日、田村貴昭衆院議員と大森ひとし参院佐賀選挙区予定候補を迎え、鹿島市で日本共産党国政・市政報告会を開きました。  田村議員は安倍政権の狙う消費税増税で経済がさらに冷え込むことを、8%への増税時の購買力のグラフを示して解説。「『増税分を国民に還元する』と安倍首相は言うが、それなら増税をしなければい[記事を表示]

農家の声を国会へ 田村・大平氏ら迎え集い 市部長と懇談も 山口・下関

下関市で農業調査

 山口県下関市滝部で2月21日、日本共産党の田村貴昭衆院議員と大平喜信前衆院議員を迎えて「農業現場の声を国会へ届ける集い」が開かれました。農家など9人が参加し、営農を続ける困難さや中山間地域の実態を無視した安倍農政への批判が口々に語られました。  参加者は農家の高齢化と担い手不足が喫緊の問題で、法人化しても運営は厳しいと指摘。「良いものを作ろうという農[記事を表示]

建設石綿被害の救済を 原告と遺族ら国に要求

アスベスト被害救済 院内集会=18日

 建設現場で受けたアスベスト(石綿)健康被害について、国と建材メーカーに対する損害賠償訴訟の全面解決を求めて、安倍晋三首相あて要請署名を提出する集会が2月18日、参院議員会館で行われました。首都圏建設アスベスト訴訟統一本部、建設アスベスト訴訟全国連絡会が主催。原告、遺族、支援者ら280人が集まり、集会後、首相官邸前でシュプレヒコールをあげました。  建[記事を表示]

国連「家族農業の10年」 生かす運動考える集会

国連家族農業の10年=18日

 昨年12月に国連総会で採択された「農民と農村で働く人々の権利についての宣言」、今年から始まる国連「家族農業の10年」(2028年まで)の意義を学び、生かす運動について考える院内集会が2月18日、参院議員会館で開かれました。主催は、個人、市民・農民団体でつくる「国連小農宣言・家族農業10年連絡会」です。  第1部では、農民運動全国連合会の岡崎衆史国際部[記事を表示]

安倍政治終結一日も早く 福岡市議選7人全員勝利を 田村衆院議員が報告

城南区演説会=17日 (1)

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は2月17日、福岡市城南区で5期目を目指す倉元たつお市議予定候補の勝利をめざすつどいで国政報告をしました。  田村氏は、安倍政権の統計不正問題や消費税増税、憲法改悪について縦横に語り、「暮らしと平和を脅かすウソとごまかしの安倍政治を一日も早く終わらせるため、福岡市で7区7人の市議団を再度勝ち取り、統一地方選、参院選で日本共[記事を表示]