国政報告・学習会・集会

党躍進で増税勢力に審判 鹿児島・奄美で演説会 田村議員訴え

奄美演説会=18日

  鹿児島県の日本共産党奄美地区委員会は5月18日、奄美市で、田村貴昭衆院議員を弁士に演説会を開きました。参院選での市民と野党の共闘の勝利と、決定的カギとなる日本共産党の躍進を訴えると、雨のなか駆けつけた会場いっぱいの参加者から拍手がわきました。  田村氏は「暮らしは守らない、憲法は壊す、うそとごまかし、ねつ造と隠ぺいの安倍政治を今度こそ終わらせるため[記事を表示]

1枚のビラが支持に 長崎県議選・市議選 決起集会

団結ガンパローをする(左から)田村、堀江、松山信宏後援会事務局長、内田、中西、大石の各氏=22日、長崎市

 長崎市で3月22日夜、日本共産党の田村貴昭衆院議員を迎え、長崎県議選で1増の2議席獲得、同市議選で現有3議席確保をめざす決起集会が開かれました。  堀江ひとみ県議(長崎市区)は県議・市議選のビラに大きな反響が寄せられていると紹介。「1枚のビラ、1本の電話が支持の広がりにつながっている。投票箱が閉まるまであきらめず、一票、一票集めた陣営が勝つことができ[記事を表示]

暮らし守る議員多数に 福岡憲法集会に3000人

10784640768_IMG_3959

 統一地方選と参院選で命と暮らしを守る議員を増やし憲法が生きる未来を切り開こうと、福岡県総がかり実行委員会は3月17日、福岡市で約3000人の参加で集会を開きました。青柳行信代表が「安倍政権の理不尽を許さないうねりを広げよう」と訴えました。  勝山吉章・福岡大学教授が保守とも手をつなぎ憲法を守る大同団結のたたかいを呼びかけ。安保破棄京築実行委員会の徳永[記事を表示]

“活断層に道路”批判 いとう県議予定候補 北九州

木屋瀬つどい

 福岡県議選の北九州市八幡西区(定数4)で、いとう淳一予定候補勝利をめざす日本共産党地区委員会は3月16日、田村貴昭衆院議員を招いていとう氏の地元、木屋瀬でつどいを開きました。地域の芝居小屋に住民や支援者が詰めかけました。  田村氏は、野党共同での統計不正の追及や消費税増税の問題点を報告。安倍政権・自民党いいなりの県政を変えるため、知事選と県議選での支[記事を表示]

安心の宮崎市政つくる 後藤市議予定候補事務所開き 田村衆院議員が激励

後藤宮崎市議事務所開き=3日

 統一地方選の宮崎市議選での3議席への躍進をめざし、現職の後藤やすき予定候補の事務所開きが3月3日、同市で行われました。田村貴昭衆院議員が激励に駆けつけました。  後藤予定候補は、核兵器禁止条約の批准を求める意見書の採択、性的マイノリティーについての議員対象の学習会など共同の力で議会を動かしてきたと紹介。しかし、子ども医療費助成制度の拡充や国保税の引き[記事を表示]