選挙(国政・地方)

あす投票 比例は共産党、最後の最後まで “暴走政治と対決”田村比例候補力こめ

日本共産党の田村貴昭衆院九州・沖縄プロック比例候補は最終盤の12月12日、福岡市内の全域を駆け巡り、「日本共産党の躍進でこそ、政治は必ず変わる」と訴えました。 同市内の団地、商店街、スーパー前などでマイクを握った田村氏は「平和を脅かし、くらしを温めない安倍政権の暴走政治と対決する日本共産党をこれまでの衆院比例ブロック1議席から2議席へと倍増させてほ[記事を表示]

大激戦 駆ける 長崎・佐賀・熊本で 山下書記局長

日本共産党の山下芳生書記局長は12月11日、長崎、佐賀、熊本の3市で演説し、沖縄1区あかみね政賢、比例九州・沖縄の田村貴昭、まじま省三の3候補を紹介し、「九州・沖縄から3人以上の党国会議員を出す、これはやったことのない挑戦です。しかしチャンス、必ずやり抜いて新しい歴史をつくろう」と訴えました。 被爆地、長崎市の繁華街。山下氏の200メートル先で安倍[記事を表示]

田村候補、比例2議席を 九州3県で山下書記局長

日本共産党の田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例候補は12月11日、応援に駆け付けた山下芳生書記局長とともに、長崎、佐賀、熊本の九州3県をまわり、「比例で2議席を実現します。何としても国会へ行き、ひどい自公政権を止めます」と力強く支持を訴えました。  田村候補は長崎市で、佐世保市の自衛隊基地に攻撃型の水陸機動団の配備が狙われていることにふれ、「九州を[記事を表示]

“共産党はスジが通っている” 田村比例候補の訴えに反響

日本共産党衆院九州・沖縄ブロックの田村貴昭比例候補は12月8日、衆院宮崎1区の松本隆候補とともに、宮崎市山形屋前で街頭演説をしました。 松本候補は、農村地域で演説していたら、年配の方と対話になり、わずかな年金は削られ、消費税は上げられ「年寄りは食わずに死ねということか」と言われたことを紹介。 田村候補は、宮崎1区の候補者の中で増税反対を言って[記事を表示]

原発再稼働反対の先頭に 田村貴昭比例候補

 田村貴昭候補(53)=新=は「この地域には安倍政権の悪政が縮図となって表れている」と訴えます。 沖縄の米軍新基地建設、佐賀県への垂直離着陸機オスプレイ配備、鹿児島県の九州電力川内原発再稼働、福岡市の解雇自由の国家戦略特区―。 「安倍政権の暴走政治と対決できるのは日本共産党だけです。悪政推進勢力がほとんどを占める九州・沖縄ブロックで複数議席を」 [記事を表示]