選挙(国政・地方)

大激戦 比例候補駆ける 熊本で田村候補 暮らし・平和の担い手を大きく

日本共産党の田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例候補は12月4日、熊本県内を駆け巡りました。熊本市、益城町、菊陽町などで、「消費税10%ダメよー、ダメダメ」のプラスターを手に小選挙区候補らとともに街頭演説し、党後援会の集会でも訴えました。同県では、全5選挙区中3選挙区で共産党と自民党(県連推薦を含む)との一騎打ちです。 田村候補は、暴走する安倍政権に[記事を表示]

安倍暴走政治と対決 「5つの転換」訴える 田村比例候補フル回転

日本共産党の田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例候補は12月2日夜、熊本県八代市で開かれた演説会に駆け付け、はしだ芳昭衆院5区候補、来春のいっせい地方選の内田次一県議候補とともに訴えました。 田村氏は、「日本の政治を変える五つの転換」を訴え、自民党と対決する共産党への支持を呼びかけました。 演説を聞いた男性(33)は「国民の側に立ってくれる候補[記事を表示]

平和守る確かの党大きく 田村貴昭衆院比例候補が第一声 

 衆議院選挙が公示された12月2日、日本共産党衆院比例候補が各地の出発式で第一声を上げました。田村貴昭比例候補は、福岡県北九州市小倉北区の旦過橋で第一声を上げました。以下、訴えの一部を紹介します(動画はコチラ) 安倍政権をノックアウトしよう  平和を脅かし、くらしを破壊する安倍政権をノックアウトしましょう。福祉のためといえば消費税しか思い浮かばな[記事を表示]

熊本、水俣・荒尾演説会 田村比例候補の訴えに「勇気わいた」

日本共産党の田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例候補は11月30日、熊本県の水俣市と荒尾市で開かれた演説会で党躍進を訴えました。 田村候補は水俣市で「人の嫌がることを平気で押し付けるのが安倍政権。熊本でのオスプレイを使用する日米共同訓練や川内原発再稼働など、九州は悪政が象徴的に表れた地域」と強調。他党も悪政をけしかける立場だと指摘した上で、党の抜本的[記事を表示]

共産党の風吹かそう 田村比例候補 働く人を守る 福岡・後援会員ら100人大宣伝

日本共産党福岡県委員会は福岡市天神で党の風を吹かそうと11月28日朝、田村貴昭、いせだ良子の両衆院九州・沖縄ブロック比例候補と福岡1区~3区の小選挙区候補を先頭に、支部・後援会員ら約100人で「大宣伝行動」をしました。 西鉄天神駅を中心に4カ所で、「消費税10%先送りではなく中止を」と書いたプラスターやのぼりを掲げ、ハンドマイクで支持を訴えました。[記事を表示]