選挙(国政・地方)

うきは市議選 いわぶち氏再選必ず 田村衆院委員訴え

うきは集い=24日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は3月24日、福岡県うきは市議選(4月15日告示、22日投票)で再選を目指す、いわぶち和明予定候補(65)の事務所開きに駆けつけました。  田村氏は、安倍政権によるコメの直接交付金や種子法の廃止を批判。「亡国の農政をただしていく」と語りました。野党6党共同での森友疑惑の徹底究明を訴え、「政権退陣を求める大きなたたかいの中で[記事を表示]

政治の春 呼び込もう 熊本・天草市議選 2候補が訴え

蓮池候補

 熊本県天草市議選告示日の3月18日、日本共産党の田村貴昭衆院議員が、はすいけ良正、浜崎よしあき両候補=いずれも現=の応援に駆けつけ、出発式の会場や街頭から党2議席確保への支持を呼びかけました。  田村議員は、安倍政権の政治の私物化をめぐり、公文書改ざん問題の徹底究明や、憲法9条に自衛隊を書き込むことで海外の武力行使をともなう戦場に若者が送り込まれる危[記事を表示]

党の2議席奪還必ず 福岡・宮若市議選 藤嶋、和田氏が訴え

無題

 福岡県宮若市議選が告示された3月4日、日本共産党の田村貴昭衆院議員が藤嶋よし子候補、真島省三前衆院議員が和田よしひさ候補の出発式でそれぞれあいさつをし、党の2議席奪還を呼びかけました。  田村氏は、自由貿易協定などの亡国の農政や安倍9条改憲を批判、平和や農政への願いを託してほしいと呼びかけ。森友学園疑惑など開会中の国会の論戦を報告し、「国会のたたかい[記事を表示]

小城市議選告示 松尾候補の勝利必ず 佐賀

小城市議選第一声=4日

 佐賀県小城市議選(定数20、2減、立候補25人)が2月4日告示され、日本共産党の松尾よしゆき氏(70)=現=が第一声を上げました。  松尾候補は、▽国保税引き上げストップ▽介護保険料・利用料の軽減▽小中学校の給食無料化▽住宅リフォーム助成制度の復活▽高校卒業までの医療費無料化――などの実現を公約しています。  田村貴昭衆院議員、武藤明美県議が応[記事を表示]

「護岸着工まだ4%」「新基地止められる」 田村衆院議員が支持呼びかけ

名護市長選応援=31日

 大激戦の沖縄県名護市長選(4日投票)で「オール沖縄」の稲嶺ススム候補を押し上げようと、日本共産党の田村貴昭衆院議員は1月31日、同市に駆けつけ、沖縄県商工団体連合会の仲本興真会長とともに市内の業者に支持を広げてほしいと呼びかけました。  「辺野古の新基地建設工事はかなり進んでいると聞いた」と心配そうな表情を浮かべたリフォーム業の男性(55)と対話に。[記事を表示]