選挙(国政・地方)

市議選で2議席必ず やなぎ・後藤両予定候補訴え 福岡・糸島

糸島決起集会 バンザイ

 1月21日告示(28日投票)の糸島市議選(定数20、2減)でやなぎ明夫、後藤こうじ両予定候補の勝利を目指す決起集会が12月23日、日本共産党の田村貴昭衆院議員を招いて市内で開かれました。  田村氏は、糸島市を含む福岡3区などでの野党共闘の流れが国会で続いていることを報告。玄海原発再稼働阻止など市民の政治への関心が高まっているとし、「無くてはならぬ日本[記事を表示]

太宰府市議選 藤井・神武市議候補が第一声 中学校給食実施必ず 田村・仁比議員が応援

太宰府市議選 神武候補を応援

 日本共産党の田村貴昭衆院議員と仁比聡平参院議員は11月26日、福岡県太宰府市議選(12月3日投票、定数18、立候補21人)の応援に入り、藤井まさゆき(36)、神武あや(48)両候補とともに訴えました。市議選は市長への不信任決議可決とそれに対抗した市議会解散にともなうもの。  仁比氏は、中学校給食実施の公約を覆し60億円かかるJR新駅構想を持ち[記事を表示]

暮らし守る2議席必ず 鹿児島・霧島市議選19日投票 田村衆院議員が応援

霧島市議選応援

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は、11月12日告示(19日投票)された鹿児島県霧島市議選の応援に駆け付け、6人はみ出しの大激戦をたたかう、宮内ひろし(67)、前川原まさと(56)の両現職候補の必勝を訴えました。  田村氏は、新燃岳の降灰対策や、脆弱(ぜいじゃく)なシラス台地を切り崩した太陽光発電所建設の問題など、さまざまな政治課題を力を合わせて解決した[記事を表示]

市民と野党共闘、前へ 安倍政権退場へ決意 田村、真島、松岡氏が報告 福岡

DSC02541

 衆院選を比例候補としてたたかった田村貴昭、真島省三、松岡勝の3氏は10月24日朝、福岡市の博多駅前で選挙の結果を報告し、公約実現に奮闘すると訴えました。「市民と野党の共闘をすすめる日本 共産党と力を合わせ、憲法を守り、安倍暴走政治を終わらせよう」と呼びかけました。  田村氏は、「オール沖縄」での赤嶺政賢氏の当選と選挙戦での野党共闘の広がりにふれ「立憲[記事を表示]

暴走止める党伸ばして 佐賀市で田村比例候補ら

PA171948

 田村たかあき九州・沖縄比例候補(福岡10区重複)は10月17日、佐賀市内で街頭演説に立ちました。  田村氏はこれまでの日本共産党国会議員団が果たしてきた実績を報告。消費税10%増税反対、憲法9条改定阻止を掲げ、「安倍暴走政治を止めることができるのは市民と野党の共闘の勝利と比例で日本共産党が伸びること。日本共産党の議席を一つでも多く伸ばしていただきたい[記事を表示]