あいさつ・激励・懇談

聴覚の認定、国際水準に 難病治療、軽症のうちに 障害者・患者団体が福祉施策充実求める 共産党国会議員団と懇談

 12月11日に国会内で開かれた日本共産党国会議員団・障害者の全面参加と平等推進委員会と、障害者・患者団体との懇談では、23人がさまざまな問題や課題を訴えました。 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会の新谷友良理事長は、聴覚障害者が国内に600万人ほどいるのに対し、わずか34万人しか障害者手帳を持っておらず、多くが障害福祉施策の対象となっていないと告発。聴覚[記事を表示]

「水産改革」法案に不安 赤嶺・田村貴昭両衆院議員が沖縄県漁連と懇談

沖縄県漁連と懇談=9日

 日本共産党の赤嶺政賢、田村貴昭両衆院議員は11月9日、安倍内閣が国会に提出した「水産改革」法案(漁業法等改正案)をめぐって沖縄県漁業協同組合連合会の上原亀一会長らと懇談しました。玉城武光、瀬長美佐雄両県議が同席しました。  上原会長は「まだ法案の中身を十分に理解できていないが、民間企業の参入が容易になることに漁協から不安の声が上がっている」と懸念を示[記事を表示]

JA福岡、森林組合を訪問・懇談 田村衆院議員

JA

貿易の自由化を危惧(JA福岡) 日本共産党の田村貴昭衆院議員は10月15日、福岡市内でJA福岡中央会と福岡県森林組合連合会を訪ね、役員らと懇談しました。かわの祥子参院福岡選挙区予定候補とたかせ菜穂子県議が同席しました。 JA福岡中央会で田村氏は、「国連『家族農業年の10年』が定められ、世界が地域農業、小規模農業に目を向ける中、力持つものだけが[記事を表示]

政権は漁業者の声聞け 田村衆院議員が福岡県漁連と懇談

DSC04812

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は10月5日、福岡市で福岡県漁業協同組合連合会を訪ね、役員と懇談しました。かわの祥子参院福岡選挙区予定候補が同席しました。  田村氏は、クロマグロ漁獲量の大型船優先配分に反対し全国の沿岸漁業者が集まった共同行動や、規制魚種拡大・競争力強化をうたう安倍政権の「水産政策の改革」にふれ、「漁業者がお持ちの問題意識をうかがいたい」[記事を表示]

安倍政治終わらせる 全港湾支部大会で田村衆院議員があいさつ

全港湾関門支部大会=24日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は8月24日、北九州市内で開かれた全日本港湾労働組合関門支部の定期大会であいさつをしました。県議候補の大石正信市議をはじめ、高橋都、山内涼成各市議が参加しました。  松永英樹委員長は、安倍政権の「働き方改革」一括法案強行などを批判し、「国民、労働者の力で民主主義を守り、立憲国家を取り戻さなくてはならない」と訴えました。 [記事を表示]