あいさつ・激励・懇談

共産党議員ら見舞い 長崎原爆病院など

長崎原爆病院③

 長崎原爆の日を前に、日本共産党の田村貴昭、本村伸子両衆院議員、山添拓参院議員、真島省三前衆院議員と堀江ひとみ長崎県議は8月8日、恵の丘長崎原爆ホームと日赤長崎原爆病院を訪れ、被爆者を見舞いました。  350人が入所する恵の丘長崎原爆ホームでは、約100人の入所者と職員らが拍手と歌で出迎え。入所者の女性(83)があいさつし、「74年たった今でも、あの日[記事を表示]

産直運動の新展開へ 農民連ふるさとネットが総会

農民連ふるさとねっとわーく=26日

 農民運動全国連合会(農民連)の産直組織「農民連ふるさとネットワーク」は7月26日、東京都内で第16回総会を開き、農家・農業切り捨ての自民農政と対峙(たいじ)し、産直運動の新たな展開をめざす方針を確認しました。  根本敬代表は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)や「家族農業の10年」の動きを紹介。「大量の農薬や化学肥料を使用する大規模化より、小規模・[記事を表示]

家族農業守る農政を 田村衆院議員がJAと懇談 福岡

JA福岡と懇談=2日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月1日、JA福岡中央会を訪ねて役員らと懇談しました。  田村氏は、日米首脳会談で安倍首相とトランプ大統領が農産物輸入自由化について密約を交わしたのではとされる問題について、「参院選でも大争点になる。食料主権から遠のくやり方はやめるべきだ」と述べました。種子法復活など農林水産委員会での自身の国会質問について報告しました。[記事を表示]

石綿被害救済に全力 仁比・田村氏 「会」総会であいさつ

DSC07238

 「一人ぼっちの建設じん肺・アスベスト被害者をなくそう」と福岡県内の被害者や家族、遺族らが集まって交流、建設アスベスト訴訟の支援などを行う「あさがおの会(茨木康夫会長)」の第9回定期総会が4月27日、福岡市で開かれました。政党から日本共産党の仁比そうへい参院議員・比例予定候補と田村貴昭衆院議員があいさつしました。 福岡県建設労働組合の江口謙二委員長が、「石[記事を表示]

現場の実態受け止め 紙・田村両議員が全漁連・全国農業会議所などと懇談

全漁連と懇談

 日本共産党の紙智子農林・漁民局長(参院議員)と田村貴昭衆院議員は2月4、5の両日、全国漁業協同組合連合会(全漁連)、全国農業会議所などを訪ね、農林水産分野での直面している課題や国政への要望などについて懇談しました。  全漁連では、応対した大森敏弘常務らが、昨年の臨時国会で成立した漁業法改定に関連して、漁業者の不安や懸念を払拭(ふっしょく)し、浜の実態[記事を表示]