あいさつ・激励・懇談

北九州市・藍島 離島振興ともに ひびき灘漁協支所が要望 船便・ゴミ問題で田村衆院議員と懇談

20150820_637247

日本共産党の田村貴昭衆院議員は8月18日、北九州市の有人離島の藍島(あいのしま)で、ひびき灘漁業協同組合の中村國彦・藍島支所長(68)から離島振興への要望を聞き懇談しました。 藍島は、小倉北区砂津港の市営渡船場から約17・3キロ沖の響灘に浮かぶ細長い島で、旅客船では35分ほどかかります。島の周囲13・2キロ内に277人(2010年国勢調査)が住み、基幹[記事を表示]

福岡JAと意見交換 田村・真島・いせだ氏が訪問 TPPに批判

20150819_636861

 日本共産党の田村貴昭、真島省三両衆院議員、いせだ良子参院比例候補は8月17日、JA福岡中央会を訪問し、本村公則専務理事、松下克弘常務理事と環太平洋連携協定(TPP)の問題などで意見を交わしました。  重要5品目の除外・再協議を求めた国会決議に反するTPP交渉に批判が集中。田村議員は「安倍首相も甘利担当相も国会決議順守というがそれでなぜコメ[記事を表示]

長崎市の爆心地公園で党議員ら献花

20150811_633200

 九州・沖縄関係の日本共産党国会議員らは8月8日、長崎市の爆心地公園で原子爆弾落下中心地碑に献花し、犠牲者に黙とうしました。  献花には、赤嶺政賢、田村貴昭、真島省三の各衆院議員と仁比聡平参院議員、いせだ良子参院比例候補、堀江ひとみ長崎県議が参加。9日の平和祈念式典に参列するため長崎入りしている大平喜信、畑野君枝、本村伸子の各衆院議員が同行[記事を表示]

原爆病院など訪問 長崎 党議員、被爆者見舞う

20150811_1147629_t

日本赤十字社長崎原爆病院では平野明喜院長から説明を受け、入院中の被爆者と懇談しました。 平野院長は被爆者の病状について、「幼少期に被爆した時の細胞の傷が、年をとってからの発ガンに影響している」と語りました。 爆心地から3キロの地点で被爆した76歳の女性は、病室で畑野氏と本村氏から花束を受け取ると、「きれいなお花をありがとうございます」と笑[記事を表示]

「TPP断固反対 福岡県民集会」で田村衆院議員が挨拶 20150508

5月8日、TPP断固反対福岡県民集会(主催:TPP反対福岡ネット、JAグループ福岡、福岡県農政連)が福岡市内で開かれました。日本共産党の田村貴昭、真島省三両衆院議員と仁比聡平参院議員が参加し、代表して田村衆院議員が挨拶しました。動画で紹介します。[記事を表示]