あいさつ・激励・懇談

安倍政治終わらせる 全港湾支部大会で田村衆院議員があいさつ

全港湾関門支部大会=24日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は8月24日、北九州市内で開かれた全日本港湾労働組合関門支部の定期大会であいさつをしました。県議候補の大石正信市議をはじめ、高橋都、山内涼成各市議が参加しました。  松永英樹委員長は、安倍政権の「働き方改革」一括法案強行などを批判し、「国民、労働者の力で民主主義を守り、立憲国家を取り戻さなくてはならない」と訴えました。 [記事を表示]

安倍政権倒そう 福岡県労連が大会 田村衆院議員あいさつ

福岡県労連の定期大会で挨拶=19日

 福岡県労働組合総連合は8月19日、第29回定期大会を開きました。日本共産党の田村貴昭衆院議員が連帯のあいさつをしました。  江口謙二議長は、「働き方改革」一括法強行など暴走を続ける安倍政権の打倒と、県労連を大きく強く成長させる組織拡大の前進を呼びかけました。  田村氏は、先の通常国会で憲法審査会での改憲論議や裁量労働制の拡大を許さなかった野党共[記事を表示]

建設じん肺・アスベスト被害 福岡・あさがおの会が総会 共産・民進議員あいさつ

挨拶する田村議員

 「福岡建設じん肺・アスベスト被害者と家族の会」(あさがおの会)の第8回総会が4月29日、福岡市博多区で開かれました。  茨木康夫会長が建設アスベスト訴訟で8回連続で国の責任を認める勝訴判決となったと開会あいさつ。福岡建設労働組合の下川一雄執行委員長、九州建設アスベスト訴訟山本一行弁護団長が連帯のあいさつをしました。  総会では建設アスベスト訴訟[記事を表示]

共闘野党エール交換 熊本県党会議で県内4野党代表があいさつ

2-25sun 県党会議 142 (3)

 日本共産党熊本県委員会は2月25日、第64回県党会議を開き、「共闘の時代にふさわしい党づくり」をすすめようと党勢拡大の前進・飛躍にむけた意志統一をしました。来賓として県内4野党の代表が出席しあいさつ。野党共闘の前進と安倍政権打倒に決意を固め合いました。  立憲民主党県連の矢上雅義代表(衆院議員)、民進党県連の鎌田聡代表(県議)、社民党県連合の野田邦治[記事を表示]

JRのあり方問おう 田村・真島氏が国労九州本部と懇談

LRG_DSC01997(1)

 JR九州が3月のダイヤ改正で大幅な減便を表明した問題や九州北部豪雨の被害で一部不通となったままの日田彦山線復旧について、日本共産党の田村貴昭衆院議員と真島省三前衆院議員は2月1日、福岡市で国鉄労働組合九州本部の役員らと懇談しました。  労組から千々岩隆九州本部委員長、岩元孝信同書記長ら役員5人が出席。高瀬菜穂子、山口律子両県議、永沼かよ子添田町議予定[記事を表示]