地方行財政・自治

「一部損壊」住宅支援を 衆院総務委 田村貴昭議員が要求

PA251383

 日本共産党の田村貴昭議員は25日の衆院総務委員会で、防災拠点の中心である地方自治体庁舎の耐震化率の向上や、地震被害を受けた「一部損壊」住宅への支援を求めました。 (質問動画はコチラ) (議事録はコチラ)  田村氏は、庁舎の耐震化率が74・8%と、公共施設の中で最低だと指摘。災害時に機能しない恐れのある防災行政無線が全国2[記事を表示]

熊本地震・住家の一部損壊、宅地被害等に支援を

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は10月4日、衆院総務委員会で質問にたち、熊本地震で17万棟をこえる住宅被害のうち約8割が一部損壊であるにもかかわらず、まったく支援策がないことを指摘。  この間の調査で、一部損壊と認定された家屋の補修に530万円かかり、生命保険を解約してその費用にあてたケースなども紹介し、「これでは被災者の再建ははかられない、国の支[記事を表示]

庁舎にヒビ 有害物質流出の危険 熊本・水俣市を田村氏調査

20160617_1370220

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は15日、熊本県水俣市入りし、熊本地震による被害や有害物資の流出の危険性がある問題で、西田弘志市長と懇談するとともに現地を調査しました。山本伸裕県議や野中重男、高岡朱美両市議らが同行しました。  熊本地震では、市役所庁舎にヒビが入るなど被害が出ているほか、水俣病原因物質のメチル水銀化合物の排出された水俣川河[記事を表示]

190-衆-総務委員会 熊本被災自治体への財政支援/図書館サービス後退 田村貴昭氏 民間委託の問題指摘

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。  冒頭、熊本地震に対して、高市大臣に要望し、一問質問をさせていただきたいというふうに思います。  熊本県等を震源とする地震被害に対して、政府は激甚災害の指定をしました。また、安倍総理は、地震被害に対応するために補正予算を編成することを表明されています。  熊本県は、二十三日、十項目にわたる政府への緊急要望を[記事を表示]