法案共同提出

野党が法案共同提出 新品種育成・在来品種保全へ

衆院の岡田憲治事務総長(左から3人目)に新品種育成・在来品種保全へ法案を提出する野党議員。左端は田村議員=11日、国会内

 日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党の4野党は6月11日、県の農業試験場などにおける農作物の新品種の開発・育成を国の施策と位置付け財政措置を義務付けるとともに、在来品種を保全する新たな仕組みの導入を盛り込む法案を衆院に共同提出しました。  同法案は、政府・与党による2018年の種子法廃止と20年の種苗法改悪に対抗するもの。これらの改悪で、農家に[記事を表示]