あいさつ・激励・懇談

人命軽視のダム反対 石木ダム問題で田村貴昭衆院議員が住民と懇談

石木ダム=10日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月10日、長崎県と佐世保市が川棚(かわたな)町に計画する石木ダムの建設予定地の川原(こうばる)を訪ね、立ち退きを拒みたたかい続ける地元住民と懇談しました。堀江ひとみ県議が参加しました。  現地では、ダム建設に伴う県道付け替え道路の工事が進んでおり、住民や支援者らは工事現場に座り込み、抗議行動を毎日続けています。県は今年[記事を表示]

コロナ禍 病院奮闘、政治は応えて 田村衆院議員に院長 福岡

2020070902232

日本共産党の田村貴昭衆院議員、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は7月8日、福岡県民主医療機関連合会に加盟する病院の院長、専務らとリモート懇談し、コロナ禍で深刻な経営危機に陥っている医療・介護現場の実情を聞き取りました。  千鳥橋病院の山本一視院長はコロナ陽性患者を受け入れた医療機関以外の病院でも4、5月は大きな減収になっているのに、支援が届[記事を表示]

雇用・医療・地域守ろう 田村議員と民主団体懇談 大分

大分別府 (2)

 日本共産党村貝昭衆院議員は7月6日、大分市で大分民主商工会、県労連、医療生協など民主団体の代表らと懇談し、コロナ禍の中で地域経済、雇用、医療をめぐる実態と要望を聞き取りました。  民商の代表は持続給付金申請の「売り上げが前年比50減」の条件がネックとなり、会員の7割が支援を受けたくても制度が使えない状況にあるとのべ「飲食店街で閉店・廃業に追い込まれる[記事を表示]

感染予防の予算ぜひ 田村氏、民主団体と懇談

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月22日、長崎市入りし、新型コロナウイルス感染拡大の影響について、新婦人県本部と長崎支部、長崎民商、長崎民医連のメンバー10人と懇談しました。山下満昭党県委員長と内田隆英市議が参加しました。  新婦人県本部の山下優子事務局長は、避難所における感染予防・拡大防止対策について「県は約4000万円を計上したというが、それでは[記事を表示]

紙・田村氏が農林漁業全国団体と懇談 国政要望・課題聞く

84562438_3113473135457983_2802496431569502208_n

 日本共産党の紙智子農林・漁民局長(参院議員)と田村貴昭衆院議員は5、6の両日、全国漁業協同組合連合会(全漁連)、全国森林組合連合会(全森連)、全日本開拓者連盟、全国農業会議所などを訪ね、第28回党大会決定を手渡し、説明しながら、農林水産分野で直面している課題や国政への要望などについて懇談しました。  全漁連では、応対した三浦秀樹常務らが、気候変動など[記事を表示]