公害(水俣・アスベスト・枯葉剤245T・大気汚染・カネミ油症)

九州建設アスベスト訴訟 勝利解決受け祝勝会 福岡

29日 建設アスベスト九州訴訟勝利解決の祝勝会 (2)

 九州建設アスベスト訴訟団は4月29日、最高裁での第1陣原告と国の和解や、建材メーカー4社の賠償責任確定を受け「勝利解決祝勝会」を福岡市内で開きました。日本共産党の田村貴昭衆院議員ら国会議員、県議が駆け付けました。  山本一行弁護団長の音頭で万歳三唱をし、支援者らとともに勝利を喜び合いました。各自治体での被害の早期解決を国に求める意見書の広がり、国によ[記事を表示]

水俣病被害者救済早く 連絡会と国会議員懇談

 水俣病の患者らでつくる「水俣病被害者・支援者連絡会」は4月19日、「水俣病被害者とともに歩む国会議員連絡会」と衆院第1議員会館で懇談しました。水俣病の公式認定から66年を経て、今も多くの被害者が救済されず苦しんでいるとして「政治の力で早期の全面解決を」と求めました。  「ノーモア・ミナマタ第2次熊本訴訟」原告団長の森正直さん(水俣病不知火患者会)は、[記事を表示]

建設アスベスト被害 補償基金制度に建材企業参加を 署名提出・議員に要請

団結頑張ろうをする集会参加者=13日、衆院第1議員会館 (2)

 建設アスベスト(石綿)被害者救済の補償基金制度に建設資材メーカーの参加を求める請願署名の提出集会が4月13日、衆院第1議員会館でありました。首都圏建設アスベスト訴訟統一本部と建設アスベスト訴訟全国連絡会の主催で、200人が参加しました。  建材に含まれたアスベストを吸い込み、深刻な健康被害を受けた元建設作業員や遺族が全国各地で国と建材メーカーを訴えた[記事を表示]

埋設枯れ葉剤撤去へ 田村貴昭議員に林野庁 衆院予算委分科会

2月17日 予算委⑥分科会

 日本共産党の田村貴昭議員は2月17日の衆院予算委員会分科会で、猛毒の枯れ葉剤成分「2・4・5T剤」(2・4・5トリクロロフェノキシ酢酸)が全国の山林に埋設されている問題について質問しました。天羽隆林野庁長官は「全国46カ所全ての埋設除草剤の撤去を念頭に取り組む」と述べ、掘削・撤去の開始の対象を全国46カ所全てとすることを初めて公の場で答弁しました。田村氏の[記事を表示]

77年判断基準見直せ 水俣病救済求める 田村貴昭衆院議員

2月17日 予算委⑥分科会2

 水俣病の公式確認から66年。いまだに公害健康被害補償法(公健法)による水俣病被害者の救済が進んでいない実態があります。その原因となっているのが、国が1977年に出した通知で「複数の症状の組み合わせを基本要件とする」との診療基準に基づいて判定するとしていることです。田村貴昭議員は2月17日の衆院予算委員会分科会で、この診断基準に医学的根拠はないとして、不知火[記事を表示]