要請・請願・政府交渉

大雨災害続発対策を 共産党が政府交渉 田村・まじま両氏が参加 福岡

vlcsnap-2021-09-30-10h40m34s582

 8月の記録的大雨の被害を受け、日本共産党福岡県委員会と県議団、久留米市議団が9月29日、田村貴昭衆院議員、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補とともに、オンラインで災害対策などを求めて政府交渉をしました。  同県では5年続けて大雨特別警報が発表され、特に久留米市ではくり返し発生する浸水による人的、家屋被害に加え、農業などへの被害も深刻です。 [記事を表示]

共同訓練中止を要請 九州防衛局に共産党宮崎・鹿児島県委 田村・まじま両氏が参加

5月10日 九州防衛局交渉 (7)

 日本共産党宮崎県委員会と同鹿児島県委員会は5月10日、九州防衛局(福岡市)に対し、霧島演習場(宮崎県えびの市、鹿児島県湧水町)での日米仏共同訓練の中止、新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県新富町)へのステルス戦闘機F35B配備計画の撤回を申し入れました。田村貴昭衆院議員、まじま省三、まつざき真琴の両衆院九州・沖縄ブロック比例候補が参加しました。  霧島[記事を表示]

オスプレイ配備 協定無視し買収額提示 党佐賀県委ら九州防衛局に抗議

九州防衛局交渉 4月5日 (12)

 佐賀空港(佐賀市)へのオスプレイ配備をめぐり防衛省九州防衛局が「事前説明」と称して配備予定地の地権者に会って土地買収額などを提示していた問題で、日本共産党佐賀県委員会は4月5日、福岡市の九州防衛局に抗議し配備計画の撤回を求めました。田村貴昭衆院議員が同席しました。  防衛局は、ノリ漁期中の3月24~26日、配備予定地(約33ヘクタール)の地権者(大半[記事を表示]

コロナ特例支給急げ 田村氏ら厚労省に訴え 熊本

 生活福祉金のコロナでの特例運用をめぐり熊本県社会福祉協議会が困窮する県民を切り捨てている問題で、申請を「不承認」とされた市民が3月24日、東京の議員会館と熊本県庁などをオンラインで結び、厚生労働省の生活困窮者自立支援室に窮状を訴えました。  日本共産党の田村貴昭衆院議員(議員会館)、山本伸裕県議、上野美恵子・熊本市議、熊本市生健会の益田牧子会長(以上[記事を表示]

「生活できる米価に」 農民連が緊急中央行動

19日 農民連中央行動 (2)

 農民運動全国連合会(農民連)は3月19日、コロナ禍での米価暴落による農業危機の打開を求めて、緊急中央行動を行いました。農林水産省前集会などで「農家が生活できる米価を」と声をあげました。  政府は、過去最大規模となる36万トンもの減産を農民に押し付けようとしています。  主催者あいさつした農民連の長谷川敏郎会長は「菅政権は米価下落の責任を農家に押[記事を表示]