要請・請願・政府交渉

豪雨で不通のJR肥薩線 全線の再開早く 党熊本県委と田村貴昭議員が申し入れ

30日 運輸局へ 党熊本県委と田村貴昭議員が申し入れ

 2020年7月豪雨で橋梁(きょうりょう)の流失など甚大な被害が発生し現在も不通(八代=熊本県八代市=~吉松=鹿児島県湧水町=間86・8キロ)が続くJR肥薩線の早期の全線再開を求め、日本共産党熊本県委員会と南部地区委員会は9月30日、国土交通省九州運輸局とJR九州本社(ともに福岡市)に申し入れをしました。田村貴昭衆院議員が同席しました。  松岡勝県委員[記事を表示]

湯布院の上 オスプレイ飛ばすな 共産党が政府と交渉 大分

30日 大分県OL防衛省交渉

 大分県の陸上自衛隊日出生台(ひじゅうだい)演習場と十文字原演習場の2カ所で10月に陸自オスプレイの訓練が計画されていることを受け、日本共産党大分県委員会は9月30日、防衛省と大分、由布両市の4会場をオンラインで結び、訓練中止を求める「政府交渉」を行いました。国会から田村貴昭衆院議員、仁比聡平参院議員が参加しました。  由布市会場では、住民から「湯布院[記事を表示]

カジノ認めるな 大阪連絡会が国に要請 府民合意ない 土壌改良に790億円

国交省側(右端)に要請書を提出する人たち=28日、衆院第1議員会館

 「カジノに反対する大阪連絡会」は9月28日、衆院第1議員会館で「大阪のカジノ(賭博場)誘致計画を認可しないよう求める要請書」(第1次分署名、7万9615人分)を岸田文雄首相、斉藤鉄夫国土交通大臣あてに提出しました。懇談で国交省側は、計画に法的瑕疵(かし)があった場合、認可後であっても認可を取り消す可能性を示しました。  計画をめぐり、大阪のカジノの是[記事を表示]

長崎の原爆被害者に手帳を 当事者と党議員ら国に要請

無題.png長崎①.png2

 国が定めた地域外で被爆したため被爆者と認められない「被爆体験者」でつくる長崎被爆地域拡大協議会と日本共産党の田村貴昭衆院議員、仁比聡平参院議員、長崎の日本共産党の議員らは9月27日、オンラインで、長崎におけるすべての原爆被害者に被爆者手帳を交付することなどを厚労省と外務省に要請しました。  拡大協の峰松巳会長は「黒い雨は長崎にも降っており、実態に合っ[記事を表示]

福岡・築城基地 大型機飛来の可能性 県議団・田村貴昭氏 防衛省交渉で判明

無題.png1

 福岡県の航空自衛隊築城(ついき)基地(築上町など)への米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の「緊急時使用機能」移転をめぐる問題で9月13日、日本共産党福岡県委員会と県議団が、田村貴昭衆院議員とともに、防衛省にオンラインで申し入れをしました。  この中で同基地の滑走路延長でこれまで使用できなかった大型輸送機が緊急時以外でも飛来する可能性があり、事実上、緊急[記事を表示]