ダム・鉄道・道路(長崎新幹線・下関北九州道路・治水・鉱害)

豪雨で不通のJR肥薩線 全線の再開早く 党熊本県委と田村貴昭議員が申し入れ

30日 運輸局へ 党熊本県委と田村貴昭議員が申し入れ

 2020年7月豪雨で橋梁(きょうりょう)の流失など甚大な被害が発生し現在も不通(八代=熊本県八代市=~吉松=鹿児島県湧水町=間86・8キロ)が続くJR肥薩線の早期の全線再開を求め、日本共産党熊本県委員会と南部地区委員会は9月30日、国土交通省九州運輸局とJR九州本社(ともに福岡市)に申し入れをしました。田村貴昭衆院議員が同席しました。  松岡勝県委員[記事を表示]

地域鉄道の存続・活性化を 党国会議員団が再生チーム 初会合開く

13日 党国会議員団が地域鉄道再生チーム発足

 日本共産党国会議員団は9月13日、「JRローカル線等鉄道網の存続・再生により、持続可能な地域社会をめざす対策チーム」(地域鉄道再生チーム)を発足させ、国会内で第1回会合を開き、実態調査とともに政策提言や運動を進めていくことなどを確認しました。責任者は高橋千鶴子衆院議員、副責任者は田村智子参院議員、事務局長は仁比聡平参院議員、顧問は穀田恵二衆院議員、構成メン[記事を表示]

鉄道で復旧 国は役割を 田村貴昭氏 豪雨被災のJR肥薩線

4月21日 災害特 田村議員

 田村貴昭衆院議員は4月21日の災害対策特別委員会で、2020年7月の豪雨で被災し一部区間が不通のままのJR肥薩(ひさつ)線の鉄道による復旧に向け、国が役割を果たすよう求めました。(質問動画はコチラ)  肥薩線は沿線の球磨川の氾濫によって甚大な被害が発生し、八代(熊本県八代市)―吉松(鹿児島県湧水町)間約87キロが不通のままになっています。復旧方法を議[記事を表示]

被災した熊本・肥薩線を考える 共産党が人吉で集い 安全性も高めた再建を 田村貴昭議員迎え

(正面左から)田村、田中両氏の話を聞く参加者=2日、熊本県人吉市

 日本共産党熊本県委員会と党南部地区委員会は4月2日、熊本県人吉市で、2020年7月4日の豪雨災害を受け一部区間で運休が続くJR肥薩線の鉄路での全線再建を考える集いを開きました。講師には田中信孝・元人吉市長、日本共産党の田村貴昭衆院議員を迎えました。 肥薩線は、熊本県の八代駅と鹿児島県の隼人駅間の全長124・2キロを結びます。7・4豪雨で橋梁(きょう[記事を表示]

石木ダム抗議を激励 工事現場に田村貴氏ら 長崎

座り込み参加者らを激励する田村氏(左端)=5日、長崎県川棚町

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は1月5日、長崎県と佐世保市が川棚町に計画する石木ダムの県道付け替え工事の現場に駆け付け、新年から座り込んで抗議行動を続ける地元住民や支援者を激励しました。山下満昭党県委員長、堀江ひとみ県議、小田徳顕佐世保市議が同行しました。  昨年12月、工事を急ぐ県は、工事現場に住民らが入れないよう柵を設置し、重機を入れるなど強硬手段[記事を表示]