あいさつ・激励・懇談

消費税減税が決め手 田村衆院議員が熊建労・県商連と懇談

消費税減税が決め手 田村氏熊建労・県商連と懇談

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は10月1日、熊本市で熊本県建築労働組合、熊本県商工団体連合会とそれぞれ懇談しました。  田村氏は「新総裁は安倍政権の発足時からずっと支えてきた人。安倍・菅ラインと一心同体。新自由主義との決別にはふれない。パッケージを替えた政権でしかない」と指摘。日本共産党と立憲民主党とが政権協力で合意したことを紹介しました。  熊[記事を表示]

救済のためにも政権交代 水俣病被害者と懇談 田村衆院議員

LINE_ALBUM_20210930水俣不知火患者会_211002_4

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は9月30日、熊本県水俣市で、水俣病未認定患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」とノーモアーミナマタ第2次訴訟原告団」のメンバーと懇談しました。松岡勝党県委員長、野中重男党南部地区委員長が同席しました。  水俣病公式確認65年の今も救済を求める裁判が続いています。  国会で水俣病の問題を取り上げてきた田村氏は、救[記事を表示]

ケアに厚い日本訴え 民医連有志後援会会議で田村衆院議員 福岡

 総選挙勝利に向け、日本共産党の田村貴昭衆院議員は9月25日、福岡県民主医療機関連合会の有志党後援会のオンライン会議に参加し、「野党連合政権をつくり、国民本位の医療・介護実現のため力いっぱいたたかう」と決意を語りました。  田村氏は、安倍・菅両政権の命軽視のコロナ対策を批判し、「命を守ることが何より問われる総選挙だ」と強調。PCR検査の強化や医療機関へ[記事を表示]

消費税減税 民商と手携え 田村・まじま比例候補 「5%ならインボイス不要」 福岡

LINE_ALBUM_20210924宗像・八幡西民商、黒崎駅前_210926

 総選挙に向け業者の要望を聞こうと、日本共産党の田村貴昭衆院議員とまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は9月24日、福岡県宗像市と北九州市八幡西区で地域の民主商工会を訪問し、「消費税は減税。生業(なりわい)、命を守る政策を高く掲げ総選挙で全力を尽くす」と訴えました。  宗像・福津・古賀民主商工会では、植木隆信副会長らと懇談しました。事務局員の女[記事を表示]

皆さんの要求が争点  田村・まじま候補 福建労と懇談

懇談する(右から)江口委員長、田村議員、まじま候補=22日、福岡市

 総選挙での勝利をめざす日本共産党の田村貴昭衆院議員と、まじま省三衆院九州・沖縄比例予定候補は9月22日、福岡県建設労働組合の役員らと福岡市内で懇談をしました。  江口謙二委員長は、消費税引き下げ、公契約条例制定、改憲反対、建設アスベスト訴訟の全面解決の要求を訴え、「何としても野党共闘で新しい政権をつくりたい」と述べました。  田村氏は、環境委員[記事を表示]